白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

腕の重みを使ってひくフォームとは?

   

こんにちは、葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

近藤さんのレッスンをしました。50代後半の男性です
ひと月に1回のレッスンですが、さぼらずコツコツ練習しています。

しっかりがっちりひいているのいう印象ですが、その割には音が出ていません。
二つ理由があります

1つ目は、手首が下がっている

ピアノは「指で弾くもの」と思われがちですが、実は全身を使います。
特に、肩から先の腕の重さを指に乗せて弾くもの。

手首が下がると、指だけしか使えません。
とても疲れます。

ひじから指の付け根までは水平に、一直線になるように。
指の山が出るように。

これで、腕の重みが鍵盤に係るはずです。

二つ目は、力が入っている
手首が下がっているから力が入る、というのもあります。

「力を抜いて―」といってもどうやったら抜けるのかわかりません。
ピアノの前に立って、腕をだらーんと下げ、そのままだらしない感じでピアノの上へ。

それが力が抜けた状態です。

もしかして力が入っているかな、と思ったら、時々立って、確認してみるといいかもしれません

近藤さんは、片手間ではひけていますが両手で立ち往生です。
音を間違うと気持ちが焦ってしまい、あたふたするのが原因のよう。

ゆっくり落ち着いて、次の音を準備できるくらいのテンポに落として。
こうやって一緒に弾くと、ほぼ止まらないで弾けるのです。

楽譜は正しく読めているので、家でも同じようにできるはずです。

演奏会で弾いているわけでもないし、間違えても誰も聞いてませんからね。
落ち着いて、ゆっくり練習しましょう

 - ピアノの練習方法 いろいろ, 大人のピアノレッスン , , , , ,

  関連記事

ピアノハンマー
ピアノで、スタッカートがうまく弾けない理由

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ハノンのリズム練習でよく使 …

ピアノの音がなんだかバラバラな時の練習法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 自宅でのピアノ練習で、録音 …

きらきら星
大人がレッスンを続けられる理由

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 大人のレッスンを二つ。 …

笑顔
ピアノ発表会でいつも通りに弾く方法②

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 客観的に自分の姿を見てみ …

ピアノ
楽譜を覚えてピアノを弾いてもいいですか  読譜がスラスラできる方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 楽譜がスラスラ読めない・・ …

小説
ピアノ演奏の中身だけで勝負しない

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです ピアノを演奏する、大人と子どもに、 …

はやいパッセージを弱い音でひく方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 16分音符などで速いパッセ …

ピアノが長続きする秘訣  保護者のアンケートから

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 面談をするにあたり、ア …

ピアノ
なるべくはじめから、ト音記号、ヘ音記号を使って

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 女子高生、女子大生のレ …

大人のピアノ生徒さんにも 発表会はお勧めの理由

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 最近は、大人になってからピ …