白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

メトロノームを使いこなす方法

   

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです

メトロノームを活用しよう!

メトロノームが音楽の速度を保つために役立つツールだということはわかっている。
実際に使ってみると、合わせて弾くことができなかったり、どのように設定したらいいのかわからないなどの理由で、「持っているけれど使っていない」という人は多いもの。

どんなに柔軟にテンポを揺らして弾くスタイルの曲でも、最初にしっかりと拍の感覚をもって練習しておかなければ、ただ感情に任せて好き勝手にテンポを揺らして弾いているような説得力のない演奏になってしまいます。
拍を感じて弾くことは音楽の大切な基本です!

メトロノームを上手に活用すると、拍の感覚が身につき演奏の流れが安定したり、リズムを正確に刻めるようになるなどのメリットがあります。
そこで今回は、メトロノームの活用法についてご紹介します。

メトロノームの発明

メトロノームは、1812年にオランダのヴィンケルによって発明され、その4年後にドイツ人メルツェルが改良を加え特許をとった音楽の練習ツール。オリジナルは、振り子の原理を応用したスタイルでしたが、より精度の高いデジタル式や、最近ではアプリ(iPhone版/Android版)でも手軽に手に入れることができるようになりました。

メトロノーム記号

メトロノームの発明によって、作曲家は速度指示を楽譜に書き込み、自分の意図しているテンポを具体的に演奏者に伝えることができるようになりました。これを初めて作品に取り入れた作曲家はベートーヴェンとツェルニーです。

譜読みの段階のメトロノーム活用法

メトロノームは、ある程度流れを止めずに弾けるようになった練習段階で使うイメージが強いですが、まだすらすらと弾くことができない譜読みの段階でも効果的な使い方があります。

メトロノームの拍に合わせて楽譜を読む

メトロノームをゆっくり目に鳴らし、ピアノは弾かずにメトロノームの拍に合わせて楽譜を指で追ってみましょう。
この時、できれば拍を聞きながらリズム叩きをしたり、声を出して音符を読んでみます。
リズムがわからないところはこの段階でしっかりクリアしておきましょう。たくさん音のある箇所は、片手ずつ読んでいきます。

譜読みをしている時は、次は何の音なのか、指使いはどうすればいいのか、リズムはどうなっているのかなど課題がたくさんあり、ピアノの練習時間がいつもより長くなりがちです。
そこで、ピアノに向かう前に予め音の動きやリズムを確認しておくことによって、実際にピアノで練習するときの譜読みの時間を節約することができます。

 

メトロノームを使って弾いてみよう

メトロノームに合わせて弾くのは、それ自体が慣れないと難しいです。
わたしは、一番最初は、ハノンで使うようにしています。

ハノンの第1番
「ド、ミ、ファ、ソ」で始まります。
音ひとつにメトロノームの音1個、で合わせます。

これなら、あっているかずれているかがはっきりわかりますし、
メトロノーム1拍の中でリズムがおかしくなることもありません。

ほぼ止まらずに弾けるようになった段階のメトロノーム活用法

ある程度練習が進み、ほぼ止まらずに弾けるようになったら、無理のない速度でメトロノームと合わせて弾いてみましょう。自分では流れを止めずに弾いているつもりでも、弾きやすいところと弾きにくいところでテンポが変わっていたり、必要以上に間をあけていたりと、自分に都合のいい弾き方をしているものです。

片手ずつメトロノームと合わせる

弾くことに精一杯になってしまい、メトロノームの拍が耳に入って来なかったり、拍は聞こえてくるけれど合わせることが出来ないという場合は、はじめから両手とメトロノームを合わせるのではなく、まずは片手だけメトロノームと合わせるようにしてみましょう。

楽譜の表記を守りながらメトロノームと合わせる

メトロノームと合わせて弾き通すことができるようになったら、次の段階は、強弱やアクセント、スラーなど楽譜に書かれた指示を守って弾けるようにします。そして、それが出来るようになったら、徐々にテンポを上げて、仕上がりのイメージに近づけていきます。

テンポアップは少しずつ確実に

テンポを上げていく場合は、一気に速くしないで、少しずつ上げていきます。速く弾くことで間違いが多くなったり、リズムが曖昧になったりしたら、ひとつ前のテンポに戻ってもう少し安定感をもって弾けるようになってから次のテンポにチャレンジします。

 - ピアノの練習方法 いろいろ , , , ,

  関連記事

ピアノ演奏の基礎4 跳躍した音を正確に弾く

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 間違った音を弾いてしまう …

ピアノ教材
3つの「こんなピアノレッスンはダメ 」

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 春の入会シーズン。 2 …

ピアノ演奏の基礎2 レガートをきれいに

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです ひとつひとつの音をなめら …

上達に差が出る正しい姿勢とは?ポイントは3つ 葛飾区亀有近くのピアノ教室

ピアノを練習していると肩が痛くなる、手首が痛くなる、腰が… そういう …

同じ楽譜を見て弾いても、演奏に違いが出る理由とは?

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 同じ楽譜を使って楽譜どお …

プリントした楽譜、上手に扱う人はピアノが上達する理由

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの練習をするとき …

カード
入門レベルで集中すべき3つのポイント

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 「ピアノを始めよう!」と …

no image
嫌いな曲だから弾きませんでした!?葛飾区ピアノ教室

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです レッスンを始めるときに、宿題 …

ピアノ楽譜
表現力豊かな演奏をする方法 音量プランを練る

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 表現を意識した音量プラン …

no image
たまには左手だけで、ね。ピアノの練習法 葛飾区ピアノ教室

ハノンなど教則本で、音階やアルペジオが出てきます。 いろいろな曲の中で、ユニゾン …