白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

ピアノが上達しなくなる理由

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

ピアノを始めるまでのいきさつは様々だと思いますが、ピアノを習う皆さんそれぞれピアノが上手くなりたいという思いは
共通していると思います。
しかしピアノというのはそう簡単に上達するものではないということは皆さんも身をもって痛感していることと思います。

ピアノの出だしからつまずいてしまう人、
片手ずつではある程度弾けていたが両手を使わなければならなくなった途端、 急に進みが止まってしまった人、
ヘ音記号が出てきた途端、譜読みが急にできなくなった人、などなど、 つまずくポイントは人それぞれのようです。

あるいはもっと先まで上達し、中級から上級にステップアップできないという「壁」を感じている人も。

ここではそのような、ピアノの上達の速度が急激にダウンしてしまう、頭打ちになってしまう様々な要因と、
それに対する対処法について 考えます。
壁

ピアノ上達が頭打ちになる様々な原因

まず初めにピアノ上達速度がダウンしてしまう、または上達できない要因を思いつく限り挙げてみます。

<<本人の性格>>
・落ち着きがない
・飽きっぽい・集中力がない
・難しく考えすぎてしまう

<<本人のやる気の問題>>
・練習しない
・練習が嫌い
・ピアノが好きではない
・ピアノを弾くことに意義を感じない(モチベーションが低い)
・他にやりたいことが多い

<<本人の適性・素質>>
・指が動かない
・音感がない
・リズム感がない
・記憶力が悪い
・練習の仕方が悪い・要領が悪い
・手が小さい
・指が短い

<<本人以外の問題>>
・ピアノの先生が厳しすぎる(なかなかマルをもらえない)
・ピアノの先生の能力の問題:課題のレベルが不適切
・ピアノの先生との相性の問題
・使っているピアノが悪い

こんなところでしょうか。これらについて対処法がある場合にはその対処法も含めて詳しく見ていきたいと思います。

<<本人の性格の問題>>

・落ち着きがない
子供というのは意外に落ち着きがないものです。
ピアノの椅子に5分と座っていられない子にはピアノは全く不向きです。

成長に伴って徐々に落ち着いてくるものですが、小学校高学年になっても落ち着きがなければ、ピアノには向いていないと考えて、 諦めるという決断も時には必要になります。

・飽きっぽい・集中力がない
ピアノを練習しようとする気には一応なるのに、少し練習するとすぐに放り投げてピアノから離れてしまう飽きっぽい人、 集中力が続かない人は、ピアノの才能以前に性格的にピアノには向かない人です。

・難しく考えすぎてしまう
考える人

<<本人のやる気の問題>>

・練習が嫌い・好きではない
ピアノというのは日々の練習の積み重ねがものを言う楽器です。
だから練習が好きで積極的に練習する人の方が上達するに決まっています。

これはやや理想論のような気もします。

・ピアノが好きではない
そもそもピアノが好きではないのに親に嫌々習わせられているという人もいるようですが、これでは上達するはずがないです。
ピアノは最終的には練習を自主的にどれだけしたかが重要ですから、自主的にピアノに向かう気持ちになれない人は いずれ遅かれ早かれピアノをやめてしまうようです。

 

・ピアノを弾くことに意義を感じない(モチベーションが低い)
そもそも本人が何のためにピアノを習っているのか分からないという、言ってみれば目的意識のない人は、 ピアノ上達のモチベーションが低い状態です
。何でもよいからピアノで上達するとこういうメリットがあるという モチベーションを自分なりに見つけることが大事です。

数年後にこの曲を弾きたいという憧れの曲を見つけることなどです。

 

・他にやりたいことが多い
小中学生を取り巻く環境の中には楽しいことがたくさんありますよね。
スポーツ、ゲーム、インターネット、テレビ、娯楽など、 一般的な子供にとってピアノよりも楽しいと思えることが無数にあります。 その楽しみを犠牲にして、ピアノの前に座って面白くない単調な練習を続ける、弾けるようにならないストレスと闘いながら ピアノと格闘する、というのはそれ相応の強い気持ちと精神力が必要になります。
ゲーム

<<本人の適性・素質>>

・指が動かない
僕たちは当然のように左右5本の指をコントロールしてピアノを弾きますが、中には信じられないくらい指が動かない人というのが一定割合でいるようです。

指そのものが動かない人、右手が左手につられてしまう人、左右両手が対称な動きしかできない人など・・・。 やはり指の運動神経は生まれ持った素質の部分も大きく、指が動かない人、コントロールできない人は残念ながらピアノには不向きということになります。

それでもピアノというのはレベルに合った楽しみ方ができますので、中級・上級を目指すのは不可能でも、 その人なりの楽しみ方はできると思います。

 

・リズム感がない
リズム感もピアノ演奏において非常に重要ですが、音感ほどではないかもしれません。
ただ上級レベルになってテンポルバートを利かせた音楽性豊かな演奏をするためには、その基礎になる正確なリズムが必要不可欠になります。

リズム感が今一つな人がさらにテンポを無理に動かそうとすると、その演奏で何を主張したいのか分からない、 酩酊状態のような演奏になってしまう危険が高いです。
リズム感がないというだけでピアノを諦める必要はないと思いますが、これが弱点となっている人はいずれ克服する必要があると思います。

 

・記憶力が悪い
何度弾いてもなかなか覚えられない、運よく正しく弾けたとしてもその感覚を覚えられない、暗譜が全くできない、 というのはピアノ弾きの多くが抱える悩みです。

これはあくまで程度問題なのですが、繰り返し繰り返し根気強く 続けて、何とか記憶が定着できる人はまだ望みはあります。

しかし中には、いくら繰り返し練習し続けても、全く覚えられない、 間違ったところを修正してもそれが定着しない、楽譜が全く覚えられないという人もいるようです。 ピアノ演奏には記憶力も非常に重要となります。

 

・練習の仕方が悪い・要領が悪い
すぐに何でも弾けてしまうような例外的な天才を除き、皆、練習と工夫を重ねて、ある程度自分の納得を得られるような演奏に仕上げています。
その練習の工夫がどの程度できるかどうか、要領よく練習できるかどうかで、その結果は大きく変わってきます。

子供の弾くピアノの練習の音が近所の家から聴こえてくることがありますが、同じ曲を繰り返し弾いて、毎回同じところで 決まったようにつっかえて止まる、ということがあり、「何故つっかえて止まったところを集中的に練習しないのだろう」 と不思議で仕方ありませんし、「これでは上手くならないのも当然だ」と思ったものです。

この場合はつっかえるところだけを取り出して集中的に丹念に練習して克服することが何よりも重要です。
自分でその都度、今の状況に応じて弱点補強できる要領の良い練習ができるかどうかも 上達の速度を大きく左右します。

 

・手が小さい
手が小さいとピアノを弾く上で非常に不利です。
具体的には白鍵のオクターブが上からつかめないのであれば「手が小さい」 ということになると思うのですが、手が小さいと弾ける曲が限られてしまうばかりか、何とか弾けていても苦しい部分が多くなります。

手が小さいことがネックとなり、それ以上の上達が望めなくなったという人たちは大勢います。 手が小さいからと言って諦めるのは早いと思いますが、どうしても上達しない場合、手の大きさは大丈夫かどうか、 先生に相談してみてもよいと思います。

両手

・指が短い
指が短いのも、手が小さいのと同様、ピアノを弾く上では不利になりますが、指が短くても、ある程度手が大きければカバーできる場合も多々あります。 その意味で指が短い人は、手が小さい人よりはまだ救いようがあるわけですが、それでも指が長いに越したことはないと僕は常々感じています。

 

<<本人以外の問題>>

・ピアノの先生が厳しすぎる(なかなかマルをもらえない)
ピアノ講師によって、生徒にマルをあげる(レッスン中の曲を合格させて次に進める)基準が大きく違うようで、非常に甘い先生もいれば 非常に厳しい先生もいます。

これは程度問題で甘すぎるのも厳しすぎるのも問題で、程よいのが理想です。
特に生徒のやる気をそぐのは先生が厳しい場合です。いくら上手に弾いても一か所でも気に入らないところがあると、 マルをあげずにその部分を修正してくるように言って、毎回合格させてもらえない、これでば生徒もやる気をなくしてしまいます。

そうしているうちに同じような能力を持つ他の生徒は他の先生の指導の下でどんどん先に進んでしまう・・・ これでは結果的にはマルをあげる基準が甘い先生の方がピアノ講師としては良い仕事をしていることになってしまいます。
何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。このような先生についている場合には先生に進言してみるか、 先生を変えてしまうのも1つの方法だと思います。

ちなみに、次男のピアノの先生は、暗譜して間違えずに引けないと絶対に丸をくれませんでした。
きちんと仕上げることを覚えたと思いますが、曲数は少なかったのが残念です

 

・ピアノの先生の能力の問題:課題のレベルが不適切
ピアノの先生が生徒の現時点での実力を把握できていない、今のその生徒に合った教材や課題の与え方が不適切 といった例もかなり多いようです。

生徒の能力は同じでも指導者の能力によって差が出てしまうわけです。
このようなピアノの先生の適性の問題をその生徒が見抜くのは難しいと思いますが、 そのような視点で先生の指導法を冷静に見てみることをおすすめします。

「この先生で大丈夫だろうか」と疑問に思うことがあれば、相談できる人に相談することをお勧めします。

 

・ピアノの先生との相性の問題
以上はピアノの先生の能力や態度の問題でしたが、ピアノの先生も生徒もどちらも人間ですから、相性の問題は常にあります。
これはピアノの先生の人間性・性格の良し悪しという単純なものではなく、生徒の皆さん1人1人との相性の問題で、 他の人たちは良い先生と言っていても、自分にとってはどうも合わない、というケースがかなり多くあると思います。

その場合には先生を変えるというのも1つの有力な選択肢になります。

 

・使っているピアノが悪い
使っているピアノが悪いために上達できないというケースは当然あり得ると思います
。 特に最近は電子ピアノも選択肢に加わり、費用面や住宅事情から本物のピアノを家に置くことができず電子ピアノで妥協している方も 結構多いと思います

特に性能の悪い電子ピアノを使っていると、それが原因で上達が頭打ちになることもあると思います。
上達が頭打ちになった原因が、使っているピアノに問題があるからだということが認識できていればそれはまだ救いようがありますが、 中には「なんだかよく分からないけど上達しない」と頭を抱えて悩んでいて、実は使っているピアノが良くないのが原因だったという ことを知らないまま無駄な時間を過ごしてしまったという人もいますので気を付けて下さい

。もし皆さんが最近上達が遅くなってきたと感じているのであれば、使っているピアノに原因がないかも考えてみて下さい。

 - ピアノのおはなし, 大人のピアノレッスン , , , ,

  関連記事

りのちゃんママてがみ
こんなサマーコンサートに 保護者のご意見 亀有近くのピアノ教室

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 サマーコンサートに出演 …

no image
リズムノリノリのパフォーマンスは、ピアノがしっかり弾けてこそ  葛飾区ピアノ教室

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 以前体験レッスンにいらし …

おうちでの様子がよく分かります  保護者との面談 亀有近くのピアノ教室から

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 保護者の方との面談をし …

オリンピック
1日何時間練習したらピアニストになれますか

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアニストになるには、1日 …

雨だれの音 らしく弾く方法

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 友美さんのレッスンをし …

脳
ピアノが脳にいい、という理由

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです ピアノが脳にいい、という …

めどーどローズピアノ
ピアノレッスンを、長く楽しく続けるには?

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 家で毎日楽しく練習して …

no image
恋をすると・・・?亀有近くのピアノ教室

ご無沙汰しております 葛飾区のゆめピアノ教室では3月にお楽しみ会をしたので、それ …

no image
おうちでも、ピアノで練習亀有近くのピアノ教室 

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今日、れんくんのレッス …

レッスンをおやすみ中 ピアノを続ける4つのポイント

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 この時期になると、レッ …