白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

上手な譜読み 3つのポイント

   

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです

レッスンや教本などで頻繁に耳にする、見かける「譜読み」という言葉。
「譜読み」とは、初めて弾く曲の楽譜を見て、書かれている音符を正確なリズムやある程度の表情を付けながらひととおり流して弾けるようにする作業のことです。

国語の教科書の、「音読」に似ていますね

「それでは譜読みをしてみましょう」と言われても「何から始めればいいの?」と迷ってしまうことはありませんか。
「とりあえずゆっくり両手で弾いてみる」という人も多いと思います。
実はそれはよほど読譜力のある人でない限り、時間がかかるわりには弾けるようになりません。

今回は、効率よく譜読みを進めるための3ステップとその練習方法をご紹介します。

    • ステップ1: 楽譜をみるだけの時間をもつ
    • ステップ2: 丁寧に片手練習をする
    • ステップ3: 両手で合わせて弾く

ステップ1:楽譜を見るだけの時間をもつ

ピアノの練習は、楽譜とにらめっこしながらひたすら指を動かすというイメージがあります。
ピアノのない場所で楽譜を見ているだけの時間をもつ。
効率的に譜読みを進めるための大切なステップ
です。

新しい曲を始めたばかりの時は、音をおさえることに集中してエネルギーを使います。
楽譜を予め見ておくことで、同じパターンの繰り返しや、動きに規則性があることなどに気づき、実際にピアノで練習する時の譜読みの時間がグッと節約できます。

また、難しそうなリズムを手でたたいて確認する。
すぐに読めそうもない音は音名をふっておくなど、練習がスムーズに進むように準備をしておくこともできます。

楽譜を見ないですらすら弾けるようになっても時々じっくり眺めてみるようにしましょう。
必ずひとつやふたつ忘れていることや新しい発見があるものです。

譜読みを始める時のチェックポイント

■調性と拍子の確認
■音符の動きに規則性のある箇所はないか
■リズムの難しそうなところは手拍子などで確認
■すぐに読めない音に音名をふっておく
■記号や表記の意味がわからないものは調べておく

幻想即興曲

ステップ2:丁寧に片手練習をする

片手練習には、横に流れる音の動きがわかる以外にも、
楽譜に書かれている様々な記号や標語に目を向ける余裕ができる、
間違いに早く気づく、
指や手、腕の動きを集中してチェックできる、
疲れにくいなど利点がたくさんあります。

片手練習のポイント

■楽譜に書かれている表記どおりに弾けているか確認する(強弱やアクセントなど)
■指使いを守っているか確認する。自分に合った指使いを決める
■正しいリズムで弾けているか確認する

片手練習は退屈でも、必ずその成果は演奏にあらわれる!

ピアノを弾く手

ステップ3:両手で合わせて弾く

右手、左手がひと通り弾けるようになったら、少しずつゆっくり両手で合わせていきましょう。

「片手ではスラスラ弾けていたのに、両手だと全然思うように弾けない!」これは当たり前です。
がっかりせずに、両手の動きに慣れるまで、フレーズ単位で区切って繰り返し練習をします。

この時、最初から全部の音を弾こうとすると、何度も止まってなかなか先に進まない状態が続くことがあります。
その場合は、まず右手を優先させてなるべく止まらずに弾くように心がけ、左手は入れられる音だけ弾いてみる。
その反対に、左手を優先させて右手は入れられる音だけ弾くという練習をしてみましょう。

最初はほとんど音を入れられないかもしれません。
根気よく繰り返すうちに次第に動きに慣れて弾ける音が増えてきます。

だんだん指が慣れてくると、弾けるところはスラスラと速いテンポで進み、苦手なところは遅くなるというように、テンポやリズムを無視して自分の心地よいペースで弾いてしまいがちです。
多少は仕方ないとしても、これは癖として定着して、後の演奏に悪影響を及ぼす危険があります。

楽譜上にテンポを変化させる表記がない限り、最後まで同じ速さで弾きましょう。

両手練習のポイント

■小分けにして少しずつ確実に弾けるようにしていく
■最初から無理に全部の音を弾こうとしない
■弾きやすい箇所も苦手な箇所も、できるだけ同じテンポで弾く

譜読みの段階で間違って覚えてしまった音や悪い癖は、時間が経てば経つほど直すのに時間がかかり苦労します。
「最初にもっと丁寧に譜読みをしておけば良かった……」 と後悔しないために、是非この3つのステップを参考に新しい曲に取り組んでみてください。

 - これからピアノを始める方へ, ピアノの練習方法 いろいろ , , , , ,

  関連記事

レッスンをおやすみ中 ピアノを続ける4つのポイント

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 この時期になると、レッ …

腕の重みを使ってひくフォームとは?

こんにちは、葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 近藤さんのレッスンをし …

ピアノ
ピアノは、独学でひけますか

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノを弾けるようにはなり …

ピアノレッスン室から
背中、ぴーん!ピアノを弾く姿勢 葛飾区 ピアノ教室から

こんなに雨、曇りのお盆も珍しいですね。 葛飾区白鳥のゆめピアノ教室は、すぐ近所に …

飛行機
ブランクの後の、ピアノ練習法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ずっと続けてきたピアノのレ …

おかあさんとこども
家でのピアノ練習 お母さんが教えてあげたほうがいいの?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 お母さんが結構ピアノが上手 …

ピアノのやる気スイッチ どこにあるのだろう?

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 やる気スイッチ、君のは …

けんばん
こんな練習していませんか?効率の悪いピアノ練習法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 初心者がやってしまいがちな …

ペダルってどうやって踏むの

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 今回は、ペダルの踏み方に …

ピアノで、リズムを正しく弾く方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノを習い始めて数年たつ …