白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

いつからピアノの鍵盤を弾けるの?

      2018/11/02

こんにちは、葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

ゆめピアノのレッスンで、何回目から鍵盤を弾き始めるか・・・。

生徒さんによってまちまちなので「何回目から」という答えは書けないですが。

まず、大人の生徒さんは第1回目から。
体や手は大きいし、筋肉もそれなりについているからです。

ただ、「ピアノを弾くのに必要な筋肉」はまだあまりありません。

指1本1本に、ピアノを弾くために必要な筋肉があります。
すごくわかりやすいのは、親指の付け根。
ピアニストはここが大きく、分厚く発達しています。

ピアノ初心者の大人は、教本で簡単なメロディを弾きながら、少しずつ筋肉をつけます。
必要なところは、「プレピアノランド」を使って体操をします。

大人が一番苦手とするのが「脱力」。
これも、一朝一夕では身につきません。

プレピアノランドの体操もするし、ほかにいろんなことをします。
腕をりぼんで吊り下げてみたり…。

子どもの生徒さんは、鍵盤を触るまで少し時間をかけます。
プレピアノランド1,2巻で、十分に準備の体操をして、楽譜の見方を学びます。

早い子で3か月、半年以上の子もたくさんいます。

勿論、必要で大事な時間なのですが、ピアノが弾きたくて習い始めたのに、長いこと鍵盤に触れない・・。
というのは、寂しいですよね。

意欲がなくなってしまうかも。

これは本当に悩ましくて、勉強会でもすごく話題に出ます。
ピアノランドメソッドを使っている先生共通の悩み。

でも、この準備期間があった生徒さんとなしでひき始めた子では、大きな差が出てしまいます。
一番大きいのは手のフォーム。

準備をしっかりした生徒さんは、手のフォームがとてもいいのです。

あとから修正可能ならいいのですが、かなり骨が折れる上に時間がかかります。
結局修正できないことが多いのです。

最近では、鍵盤慣れや手首の強化を目的にした教材が出て来ました。
手を「ぐー」の状態にして弾くのです。


これなら、指がへこむこともありません。

上手に使って、「ピアノを弾きたい気持ち」を満たしてあげたいなと思います。

 - これからピアノを始める方へ, ピアノのおはなし , , ,

  関連記事

ゆび
ピアノ 指が思うように動く方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 おとなのピアノの悩みNo1 …

りのちゃん
練習が嫌じゃなくなる方法  苦手が下手とは限らない お花茶屋近くのピアノ教室

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 10月1か月かけて、生 …

ピアノ
ピアノ上達がとまってしまう いろいろな原因2

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの上達が頭打ちになっ …

ピアノ2台
自分の間違いにすぐ気づかせる秘訣

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 うちのレッスン室にはミ …

キーボードでも、アコースティックピアノで弾いているイメージで

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 みなみちゃんのレッスンをし …

考える
ピアノを弾きながら、ほかのことを考えてもいいですか

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 そこで今回は、「ピアノを弾 …

運動回 中青戸小
中青戸小学校の運動会に行ってきました 亀有近くのピアノ教室

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 10月3日、葛飾区内の …

ピアノの指
ピアノのやる気を大事に生かすコツ

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 よしひろくんのレッスン …

はた
ピアノに必要な5つの才能

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノを演奏するのに必要な …

音符の長さが、ぱっとわかる方法  面白い道具

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの先生方の間で話 …