白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

ピアノのペダルが濁る きれいに踏む方法

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

ずっと弾きたかった、ショパンの幻想即興曲。
でも、ペダルを踏むと、どうも音が濁ってしまう。
楽譜の、指示どうりに踏んでいるのだけれど、細かく踏んだり、踏む場所をずらしたりすると今度は音が切れてしまう。

 

 

よくありますね。

 

まず、「どうも音が濁ってしまう」ことに気付いているのがとてもいいことです。

とにかく一生懸命弾いて何とか楽譜通りにペダルを踏むので精いっぱい。
自分の音が濁ってるかどうかなんて聞いていない・・・・。

となりがち。
ペダル

響きや、曲の流れに注意して聞いている
濁りを直そうと、いろいろ工夫している

熱意と、向上心がたくさんです。

 

 

ペダルを踏み始めた初中級くらいのときは、「ドミソ」「ドファラ」と和音が変わったらふみ変えれば
大体うまくいきました。

 

でも、幻想即興曲のような、中将級の曲になると、そんなに単純ではありません。

和音は変わらなくても、メロディに、和音の構成音以外がたくさん入っていると
ペダルを踏みっぱなしでは音が濁ります。

だからって、頻繁にペダルを踏み変えたら、ベースの音が切れたり、響きが悪くなってしまいます。

 

1小節ずつ、丁寧にペダルの踏み変えを考えなくては。
ある時は1小節に1回深く。
ある時は、ほぼ1拍ずつ。
ある時は、途中にペダルがないところを作って。

 

結構大変です。

でも、音の濁りに気づいて工夫を繰り返す、注意力、熱意があれば大丈夫です。

耳、手、足を敏感につなげて、響きと流れを大事に判断すればOK.

 

 

もうひとつ。
このくらいになったら、「ハーフペダル」も習得したいですね。

一番下までペダルを踏みこまず、浅いところで上下させる。
そうすると、濁りはしないけれど切れもしない、微妙に響きが残る感じが作れます。

 

楽器によってペダルの重さ、深さの感覚が違いますので、耳で聴く力が勝負です。
チャレンジすると、演奏の幅が広がりますよ。

 - ピアノの練習方法 いろいろ, 大人のピアノレッスン , , ,

  関連記事

トリル
トリルを弾くとき、力を抜く練習法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノレッスンも導入が終わ …

ピアノ手
基礎力をつけないと困る理由

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです ゆめピアノ教室では、2段 …

ブルグミュラーピアノ楽譜
音符の読み間違いをなくすのはどうやって?亀有近くのピアノ教室

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今日はみうさんのレッス …

ピアノを始めたい、と思った時がレッスン適齢期

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 お久しぶりのメールを2 …

人前でピアノをひく機会が必要な理由

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 生徒さんの年齢に関係なく、 …

シニア向け楽譜 違いはどこ?

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 私自身がピアノを習い始 …

ピアノ連弾の練習で大切な4つのこと

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 華子さんのレッスン。 週末 …

譜読みが速くなる方法 やさしい曲をたくさん

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 幸枝さん(大人)のレッ …

自分の音をよく聴く方法 葛飾区亀有近くのピアノ教室

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノ練習で大切なこと …

同じ楽譜を見て弾いても、演奏に違いが出る理由とは?

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 同じ楽譜を使って楽譜どお …