白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

ハイフィンガー奏法ってよくないの?

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

先日、エリカさん(大人)の体験レッスンをしました。

お問い合わせいただいた電話では、「ヘ音記号も心もとないが、こどものころ習っていました」ということで、
一応初心者用の教材を用意。

ご自分でも、お嬢さんの使っていた楽譜をお持ちだというので、用意していただきました。

予想に反してかなりお弾きになれる方でした。
ピアノ歴は6年ほどですが、ソナチネくらいまでは弾いていたようです。

体験レッスンでも湯山昭の子供の世界から1曲、少しひいていただきました。

「ハイフィンガー奏法を習ったのだな」と感じましたので、

「子供のころにならっていた先生は、年配の方ですか?」とお聞きすると
「はい、そうです」

ハイフィンガ

ハイフィンガー奏法というのは、文字通り指を高く上げて弾くピアノの演奏法。

現在のピアノは感度が良く少しのタッチの変化で反応するようにできています。
ハイフィンガー奏法を行うと雑音がして、うるさい音に感じられます。

 

 

やってはいけないもの、として扱われることが多いのですが、
先日、バーナムの勉強会で、なるほどというご意見を聞きました。

 

ハイフィンガー奏法を勉強しなくなった結果、音を引きずって伸ばしたまま次の音を弾く人が多くなった。

指を引き上げて下す、という「指の筋トレ」をしなくなったので、
筋力がなく、指が上がりきらない間に次の音をひいてしまう、ということです。

これはよくあります。特に、電子ピアノでの練習をしている方に多いです。

 

この癖を直すために、ハノンなどでハイフィンガー奏法をして、一つ一つの音をゆっくりはっきりひく。
そうすることで、指の筋力をつける。

 

これは、注意深くしないと、すべての曲でハイフィンガー奏法をしてしまうことになります。
あくまでも筋トレとしてするならいい奏法かな、と思います。

 - ピアノの練習方法 いろいろ, 大人のピアノレッスン , , , ,

  関連記事

ピアノ
おとなのピアノ聞きあい会をしました。

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 先日、大人の生徒さんを中心 …

ピアノを置く、再適な温度、湿度はどれくらいですか? 葛飾区 ピアノ教室

常にベストな管理状態をキープできるコンサートホールや楽器店、 展示場、ミュージア …

指が動かない、を解決する方法 葛飾区亀有近くのピアノ教室

大人のピアノの悩みNo1は「指が動かないこと」です。 気持ちはあるのに、指は思っ …

人前で弾くということ

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです. 大人の聞きあい会が終わ …

ピアノに必要な手や指の力をつける方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 大人の生徒さんでも、指の力 …

亀有リリオ
手の小さい人がショパンを弾く方法

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 美津子さんのレッスン。 …

ピアノの指くぐりのコツ

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 今回は初心者の関門、ピア …

疑問
ピアノが上達しなくなる理由

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノを始めるまでのいきさ …

ペダルってどうやって踏むの

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 今回は、ペダルの踏み方に …

同じ楽譜を見て弾いても、演奏に違いが出る理由とは?

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 同じ楽譜を使って楽譜どお …