白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

本番に向けて、ピアノの楽譜を加工する方法

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

この曲をひきたいのに、全然うまくいかない。
発表会やグレード、合唱コンクールまでに仕上げないといけないのに…。

こんな時、まず何をしたらいいでしょう。

そもそも曲のレベルがあっていない、というのはこの際言わないことにして。

楽譜を拡大する

まずは、ピアノの練習以前の、難しくしている原因を減らします。
例えば楽譜が小さければ、拡大コピーをする。

最近は、著作権の問題で楽譜のコピーを躊躇するかもしれませんが、自分が購入した楽譜を自分が使うためにコピーしてもなんの問題もありません。

 

小さい楽譜は見にくいです。音間違いの原因にもなります。
和音などの場合、どれにシャープがついているのかよくわからない。

特に歌の伴奏楽譜の場合、歌の部分をメインに書かれていて、歌詞もあるので音符が小さくなります。
迷わず拡大してしまいましょう。

 

本番もそのまま使ってもいいし、見た目が悪いと思えば、本番は元の楽譜を使えばいいのです。
しっかり譜読みができていれば、小さくても使えるはず。

 

楽譜の譜めくりをなくす

 

譜めくりがある場合。
本番で、誰かがめくってくれるとしても、練習時に煩わしいですよね。
おなじところで止まる癖もついてしまいます。

ピアノ楽譜
これもコピーを取って、横につなげてしまう。
ただずらすだけなら、休符の時にできるでしょう。

 

音符に仮名を振る

加線の多い楽譜、たくさんの和音、そういう時は仮名を振りましょう。

常時仮名を振るのは、譜読みの力をつけるためによくありません。
でも、本番の1曲です。

少しでも簡単に弾ける方法を取りましょう。

こうやって、楽譜にひと手間加えることで、かなり楽譜を読むハードルが低くなるはずです。
今すぐ、やってみましょう。

 - ピアノの練習方法 いろいろ , , , ,

  関連記事

ピアノ 速い曲で指がもつれたらどうするの?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 テンポの速い曲をひこうとす …

メトロノームを使いこなす方法

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです メトロノームを活用しよう …

ピアノの音がなんだかバラバラな時の練習法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 自宅でのピアノ練習で、録音 …

ピッチャー
ピアノを弾くとき力が入っているか調べる方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノを弾くときに、余分な …

おなじ楽譜でも、演奏に違いが出る理由

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 同じ楽譜を使って楽譜どお …

上達しない人は長時間練習し、上達する人は短時間練習する

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです ピアノの上達に練習時間は …

ピアノで指が思うように動く 練習法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 「指が思うように動かない」 …

ピアノ
ピアノ発表会(人前)で頭が真っ白にならない方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの発表会。 緊張して …

no image
ピアノの練習を習慣づけるには? 葛飾区 ピアノ教室から

ピアノの練習はどうやったら習慣になるのでしょう・・ 「夢、憧れを持ち続ける」 こ …

ピアノの腕に自信が持てないとき

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 卒業、入学のシーズンに、学 …