白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

ピアノでアルペジオを弾くと、1の指にアクセントが 練習法

      2018/06/10

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。
ピアノ初心者の方も、楽譜が一通り読めるようになるとハノンを始めます。
必ず練習するのはスケールとアルペジオ。

いろいろな曲を弾いていくのに、使われているテクニックを練習するのがハノン。
中でも、スケールとアルペジオは、使用頻度が高いです。

アルペジオは使っている音は3つだけで、指も3本ですからすぐに覚えられます。
指くぐりも、音階と違って1種類だけ。

難しいのは音をそろえることです。
くぐる時、かぶせるときの1の指にアクセントがついてしまう…。

ピアノ指くぐり

まずは、指くぐり、かぶせの瞬間のフォームをチェック。
ひじや腕を動かしすぎ、手首を回しすぎで勢いがついて、1の指をドスンと落としてないですか?

指くぐりは基本、指だけでくぐれます。
1の指を深く折りたたむことで、次の鍵盤に届くのです。

指によって音の強さがそろわないのは、耳と手がつながっていないから。
自分の耳でよく聞いて、強くなる音は加減しなくては。
指だけのトレーニングではうまくいきません。

16ぶん音符で書かれているアルペジオなら、拍の頭にアクセントをつけて弾いてみましょう。
音4つに1回ですね。
1の指と拍の頭とはずれていますから、加減しなくてはいけませんが、それは難しい。

なので、拍の頭にくる音にアクセントをつけることに意識を向けます。

これができたら、今度は音にアクセントはつけないで、気持ちだけのアクセントにします。
こうやって、拍子感を感じながらひけるようになると、1のアクセントは解消しているはずです。

 - ピアノの練習方法 いろいろ , ,

  関連記事

ピアノ連弾の練習で大切な4つのこと

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 華子さんのレッスン。 週末 …

ピアノ伴奏
主役が生きるピアノ伴奏の5つのポイント

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 もうすぐ年度末。学校の卒業 …

楽譜
ピアノを暗譜で弾く 15のコツ

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 曲の仕上げの時、そして人前 …

かさ
ピアノで、強弱をつける方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 音楽の表現に重要な、音の強 …

テレビ
話し合って、1日4回弾くことに あやかちゃん 亀有近くのピアノ教室

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今月は、1年以上ピアノ …

同じ楽譜を見て弾いても、演奏に違いが出る理由とは?

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 同じ楽譜を使って楽譜どお …

ピアノ教本が速く進む理由 亀有近くのピアノ教室

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 先日、ゆうくんのお母様 …

ペダルってどうやって踏むの

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 今回は、ペダルの踏み方に …

曲にあったテンポを決める方法

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 曲のテンポについて、一 …

笑顔
ピアノで拍子感をつけるには ミュージックデータを使ったリズム打ちが有効

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノレッスンの中で、ひい …