白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

兄弟でアンサンブル ピアノとホルン どうでしょう?

      2015/07/09

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

我が屋には、二人男の子がいます。

次男はいつもブログでご紹介する、ホルンに夢中な高校生。
長男は、都外の寮に住んでいる大学生です。
兄弟
ここ数日間帰省しました。

長男はエネルギーのある子なので、にぎやかな時間でした。

長男は独学でピアノを弾きます。
今も、寮にあるピアノで練習して気分転換しているようです。

たまたま、兄弟で同じ曲をレパートリーにしていました。

ムソルグスキーの展覧会の絵。
テレビ番組の、珍百景でよく流れていますね。

珍しいアンサンブルが実現しました。
ホルンは、学校の試験中で練習不足ですが…。

よく言われることですが、
ピアノはすべての楽器、歌の基本、音楽の基本が学べます。

ピアノという楽器がすべての音域が弾けること、
楽器の調性がないことが理由です。

例えばフルートは、主にメロディを担当します。
音域が高いから。

コントラバスは、ベース担当です。
音域が広いからですね。

チェロやビオラ、ホルンはその真ん中を担当します。
和音を弾いたり、複旋律を担当。

ピアノはそれらすべての役割が一人でできます。

楽器の調性、というのは、
例えばホルンだと、B管があります。、
普通にドレミファソラしどーと音階を吹くと
聞こえるのは「シ♭ ドレ ミ♭ ファソラ シ♭」の音です。

それぞれの楽器に「調」があるんです。

それがピアノにはないので、
「ド」の鍵盤を弾けば必ず「ド」が出ます
音程も、誰が弾いても同じです。

ほかの楽器だと、
アニメの「ドラえもん」で、しずかちゃんがバイオリンを弾くときのように、
正しい音程を出すのはむずかしいです。

こんな理由から、総合的に音楽の基礎を学ぶには
ピアノがいいとされています。

音楽学校の試験でも、
何を専攻しても必ずピアノの試験があります。

将来、ほかのどんな楽器をやりたくなっても
スムーズに入れるように、しっかり基礎を定着させましょうね。

もちろん、楽しく♪

 - ピアノのおはなし , , ,

  関連記事

ピアノ体験レッスンプログラム
初めてのピアノ 楽しくレッスンできるコツ 亀有近くのピアノ教室

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 生徒さんの使う楽譜は、 …

no image
ピアノレッスンの見学をさせていただきました。

今日はほかの教室のレッスン見学に・・    A先生のお宅に行かせて頂きました   …

ピアノクロス
ピアノも大掃除 1年間ありがとうございました ピアノ教室葛飾区

今日は大みそか。 大掃除をして入りおうちも多いと思います。 去年、大学生のみうさ …

指使い 使いこなす方法

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 「指使い」とは? ピア …

わたしもうまくなりたい そらちゃんの手紙

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 先日、ピアノレッスン歴 …

no image
リズムノリノリのパフォーマンスは、ピアノがしっかり弾けてこそ  葛飾区ピアノ教室

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 以前体験レッスンにいらし …

音符の長さが、ぱっとわかる方法  面白い道具

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの先生方の間で話 …

調子記号
自分に合った楽譜を選ぶ方法

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノを始めて少し弾け …

ピアノ楽譜
ピアノの楽譜、どうして同じものを何冊も持ってるの? 葛飾区 ピアノ教室

レッスン室の本棚には、楽譜がずらり・・・・ よ~く見ると、同じ曲(曲集)の楽譜が …

ピアノ
毎回が体験レッスン 大人のピアノレッスンを楽しむ方法

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノのレッスン回数で …