白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。脳の成長にいい絶対音感トレーニングを取り入れているピアノ教室

葛飾区白鳥のピアノ教室なら「ゆめピアノ教室」

ピアノで、スタッカートがうまく弾けない理由

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。
ハノンのリズム練習でよく使うスタッカート。
曲の中でも難しい箇所、16分音符がレガートで続くレガートなんかにもリズム練習で使います。
もちろん、曲そのものにも、スタッカートはたくさん出てきますね。
ピアノのスタッカートは、鍵盤を押すのではなくはじく感じ。
よく、熱いものを触って、あちっと手を離す感覚といわれますが・・。
実際に鍵盤が熱ければ、下まで弾かないうちに離してしまいますよね。
手の使い方は、手首を始点にして上下に動く感じ。
スタッカートが苦手な人は、手首が固く腕全体ではねてしまっています
これだとすばやく弾けません。
手首を柔軟にして軸にして、手や指が上下します。
腕はほとんど動かず、力を入れる必要もありません。

指の付け根の関節は、いつも通り「山」が出ている状態です
指の衝撃を受け止めて、手のフォームを支えます。
意識としては、鍵盤を下すより、手を上にあげるほうに集中します。
ゆっくりなスタッカート、速いスタッカートとも同じ。
<img src=”https://yume-piano.net/wp-content/uploads/2018/04/ca061ba2fb167ceaf1fd790ccc9a2dd3.jpg” alt=”ピアノハンマー” width=”259″ height=”194″ class=”alignnone size-full wp-image-1236″ />

比べると、大人のほうがスタッカートが苦手です。
指が鍵盤から離れることの恐怖感、つながっていないと次に弾く鍵盤がどこだかわからなくなってしまう。

まずなれることですが、何もスタッカートだからと言って、10センチも飛びあがるわけではありません。
離れるのはほんのちょっと。私は1センチもいかないくらいです。
まるで高飛び込みのように上から突っ込んでいくように弾くのは、それは怖いでしょう。
ちょっとはじくだけ。ハンマーが弦を「ポン」とはじく様子を思い浮かべて弾くのもいいと思います。

 - ピアノの練習方法 いろいろ , ,

  関連記事

考える
ピアノの鍵盤をたたきつける弾き方って、だめ?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノを一生懸命弾くあまり …

ピアノペダル
ピアノのペダルが濁る きれいに踏む方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ずっと弾きたかった、ショパ …

はやいパッセージを弱い音でひく方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 16分音符などで速いパッセ …

曲の構成
ピアノで、暗譜をする方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 暗譜ができない…結構な悩み …

ピアノ曲のテンポを上げていく方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 久しぶりにレッスンの様子で …

ピアノでアルペジオを弾くと、1の指にアクセントが 練習法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノ初心者の方も、楽譜が …

ピアノの本番で集中し、緊張しないための方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの発表会や合唱コンク …

メトロノーム
ピアノで、滑らない、強い指を作る方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 指が滑ってうまく弾けない、 …

時計
ピアノの練習 3つの悩み

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの練習について、よく …

ピアノ
楽譜を覚えてピアノを弾いてもいいですか  読譜がスラスラできる方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 楽譜がスラスラ読めない・・ …