ピアノレッスン すぐに復習すると忘れにくい

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

小学校3~4年生頃。
ママとべったりだった小さな頃と比べ、だんだん「お友達」が大事になってくる頃です。

「9歳の壁」という言葉もありますが、この頃からお子さんの様子が変わってきますね。

ちょうど、思春期前夜、といったこの時期の生徒さんが今多くて、

ママたちも低学年の頃とは違う悩みが出てきました。

「宿題の量が増えてきて、習い事も多くしているので、ピアノの練習時間がなかなか取れなくて」

「お友達となかなか遊ぶ時間が合わせられず、ちょっぴり不満顔の時もあるようです」
「6時間の日が増えて、なんとなく慌ただしい感じになっています」
「素直に私のいうことを聞かなくなり、練習に口を出すと不機嫌になります」

悩み相談

行動範囲も広くなるし、6時間授業を受けて帰宅すると午後4時を回るので、

小3以降は平日のレッスン時間希望が午後5時以降になることがとても多くなります。

体力がついている子は大丈夫ですが、

体力があまりない子は少しお疲れになることもあるようですね。

また、素直に聞かず、「うるさいから~」「ママはあっちいって~」はうちでもありましたので、お話を聞きながら心の中で苦笑しておりました。

とっておきの秘策、というものはありません。

例えばレッスンから帰宅したあとに1回だけ弾いておく、ということをやっている子は、

練習時間が取れない時があっても比較的しっかりと前の週のことを覚えています。

 

 

学習したことをその日のうちに復習すると記憶の低下は少なくて済むが、

復習しないと半分は忘れてしまう、ということから考えたら、とても良いことだと思います。

また、5分、3分といった細切れでも弾くとか、楽譜を見直すだけでも練習の一部として、全く何もしないよりもよい、という話もしました。