おうちの方の心構え 小さな子のピアノ

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

幼稚園、保育園に入園して お子様がピアノに興味を持ったから・・・

と、レッスンのご依頼をいただくこともあります。

成長が楽しみです。

お子様がピアノの前に座り、

もみじのような可愛いおててでピアノの鍵盤を押している

親でなくても心和み、可愛らしく感じるものです。

しかし、よそのお子さんには感じないが我が子に感じるもので、

注意をしておかなければならないことはあります。

特に、「第一子・長男/長女」である生徒さん、

殊に「初孫」である場合は、ついお子様に対して期待を大きくしすぎてしまう。

 

あれもこれもできるようになって欲しいという気持ちが強くて、

親御さんの方がしばしば、先走りすぎではないかと感じることがある

気になるんです。

今どきは、インターネットで様々な情報を得ることができます。

その情報は時に玉石混交だったり、お子様の実情に合わないものかもしれません。

 

私はそういう事例も知っていて、目の前の生徒さんに合わせて、

「今でしょ!」なこと「あとでもよい」なこと「じわじわと身につけること」などを手を変え品を変え提示しています。

「子どもの成長を親が楽しみながら待つことが大切」です。

そう、「楽しみながら」です。

 

 道は、いつも真っ直ぐではありません。

急坂だったり、突然大きな岩が目の前に現れたり、回り道しなきゃいけなかったり。
そんな「ピアノの道」をお子様と一緒に楽しんでいきませんか?