大人も ピアノ発表会に出てほしい理由

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

大人の生徒さんは、ある意味、子どもの生徒さん以上に難しい部分があります。

それはどういうことかというと、ご自身の中に「こうでなければ」というこだわりや、

「好きなようにやりたい」というお気持ちが強くあることを感じるという部分です。

 「発表会には出たくありません。出る意味がわからない」

ピアノを習う大人生徒さんの中に、こんな台詞を言う方が時々います。
話を聞いてみると、子どもの頃のトラウマ(失敗して親にどやしつけられたとか)があったとか、極度の緊張だったり、という場合があります。

そんな方に、例えば無理強いしたら、もっと嫌になってしまって、ピアノを弾くことそのものが嫌なものになる。

それは避けたいので無理強いはしません。

「自分が弾いて楽しかったらそれでいい、人に聞かせたくなんかない」

 

という方もいらっしゃいます。

 

こころ
自分の楽しみに弾くの、楽しいですね。わかります。
ちょうどいい加減のぬる湯とか、日向ぼっこしたくなるポカポカ陽気の日とか、そんな感じです。心地よいですよね。

人前で演奏すると、そんな気持ちいい場所から出ることになる。

外は冷たい雨が降っているのか、嵐なのか、それとも…。怖いし、不快な気持ちになるかもしれないし、いやなんでしょうね。

人前で演奏することは、楽しいことばかりじゃない。

頑張ったのに失敗したり。

自分で「結構いいじゃん」と思っていても、全然知らない人から「下手くそ」ってけなされるし。ステージに上がるために練習も普段以上に綿密にやる必要があるし。

だから、そんなの嫌だわ、楽しいだけが好き、っていう方は敬遠するのわかるんです。

が。

まだステージに立ったことない方は、挑戦してみるのも悪くない。

大人になってからの初めての挑戦は、子どものそれとは別の不安があります。

それは、いつの間にか守るべきものを抱えてきたからなのかも。

大人だから失敗しちゃいけないとか、下手な私の演奏なんて誰も喜ばないとか、考えていたらキリがない。

過去のトラウマがあっても、それは、過去のこと。
今のあなたはその時よりは前に進んでいる、のではないかと思います。
失敗してもいいじゃない。その失敗も、経験を重ねて行けばいつかいい思い出になる。

大人の方は、忙しい仕事や、家庭のごたごたなど抱えながら果敢にステージに立とうとする、その姿だけでも既に尊いのです。
 

 あとは、あなたの心次第かな。