やる気が低下してしまった生徒さんの場合

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

小学校入学前にピアノを始めて、ずっと中学3年生まで続けてきた生徒さん。

とても穏やかでおとなしい子です。

 

どちらかというと受け身で

お母さんが熱心に練習に付き合ってくれて、続いていました。

母子手帳

中学生になってお母さんの関心が塾に移ると、

本人のやる気も低下。

それでも、初めからの約束で、中学卒業までピアノを続けるそうです。

 

カードでタイムを計ったり、グレード受験したりとやる気アップを狙ってきました

でも、自分からは練習せず、ピアノが好きなのかもわかりません。

 

問題児というわけではないけれど、練習しないので

成果が出ません。

ピアノへの取り組みを自分で主体的に考えて

 

価値観について考えてほしいと思って、こんな質問を用意します

 

「音楽やピアノが楽しいって思うのはどんな時?」

 

「曲がスラスラ弾けたとき」

 

「弾けると楽しいよね」

 

「じゃあ、やめたいって思うときは?」

 

「お母さんに練習しなさいって怒られるとき」

 

「そうかあ。それじゃあ、ピアノが弾けて楽しいっていう気持ちが減っちゃうよね」

 

こんな風に本音を話してくれたら、

ピアノをやめたくなった本当に理由がわかってきます。

 

まずは、ふさわしい質問でよく考えてもらって

自分の気持ちに気づかせてから

「ピアノを続けること、どうしたいか教えてくれる?」と聞けば、しっかり考えられるかなと思います。

 

ここまでのやり取りは私の脳内でのシュミレーション。

 

 

もしここでやめるという決断をしても、

自分の人生について自分で考え、主体的に決断したといえるでしょう。