難しい曲を弾けたらピアノの先生になれる?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

ピアノ指導者は誤解されていることがあります。

 

ピアノが弾けるから先生になっているんでしょ

とか

音大に行けばピアノの先生になれるでしょ

 

とか

 

今までの実績があれば簡単にピアノの先生になれると勘違いされていることがあります。

 

特に資格が必要ではないので

お嬢様職

と思われてしまうことも。

 

現実に、ソナチネやソナタが弾けるから 近所の子供に

ピアノやドレミを教えてみようかしら、と始めてしまう先生が

いるかもしれません。

 

確かに、音符の高さと長さだけならできるかもしれません。

音符

 

でも、ピアノ指導者の役割はそれだけではありません。

時間をかけてひとりひとりに向き合って、

音楽の素晴らしい世界に案内する職業

です。

 

それをするためには、先生自身が勉強を続ける姿勢が求められます。

 

先生こそ研究勉強練習を続けて

 

ひとりでも完結できる個人のピアノ教室の先生は

強い意志を持って外の世界から学ぼうとする姿勢が大切です。

 

 

ピアノ教室検索サイトを開くと、

葛飾区内だけでもたくさんの先生が登録されています。

 

ところが、残念ながら指導者セミナーに行っても

参加している先生はほとんど同じ顔ぶれです。

 

今までの技量や情報の切り売りで

人を育てることはできません。

 

先生自身が勉強し続けて

初めて人を導くことができるのです。

 

 

先日、ある教室で、

「先生はソルフェージュをレッスンしているんですか。

 どこで勉強されたんですか」といわれて、驚きました。

 

ソルフェージュは楽譜を読んでそれを音にしていく勉強。

どんな楽器をするにしても、基本です。

 

クラシックをレッスンしていくにしても、

最近のはやりの曲も 知っておく必要があります。

 

やっぱり耳慣れた、好きな曲を弾いてみたいと思うのは

大人も子供も自然なことだと思います。

 

鬼滅の刃の曲を弾いてみたい

生徒さんからのリクエストに、こたえられるように

 

 

時代はめまぐるしく変化しています。

ピアノ教育についても研究を重ね

新しいものに柔軟でいたいと思います。」