エリーゼのためには魔法の曲

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

有名な エリーゼのために。

ほとんどの方がこの曲のように、憧れの1曲を弾きたくて

ピアノを習っていると思います。

 

ミレミレミシレドラ

この出だしが弾けるだけでも いい気分。

不思議ですね。

 

この曲には魔法の力があると思います。

曲の中に物語が感じられることが 人気の秘密ではないかと思います。

 

 

美しいテーマの次に出てくる はやい部分は 憧れ。

またテーマにもどったら今度は ララララララ の左手と右手の和音

そのあと一気にアルペジオで駆け上がり、ジェットコースターのような半音階でおりてくる

 

感情移入できる曲の構成

これはうっとりしてしまいますね。

 

ピアノレッスン入会の時に

中学で合唱コンクールの伴奏ができるように

エリーゼのためにが弾けるように

 

と話します。

すると、意識の中にはっきりとした何年後かのイメージを

描くのです。

 

現実にはあこがれの曲は、エリーゼでなくてもいいのです。

具体的な目標があるのとないのとでは

長く続くピアノレッスンに大きなちがいができ来るでしょう。

 

例えばスイミングだったら、背泳ぎ、クロール、平泳ぎができるとか

そろばんだったら初段を取るとか

具体的な目標とは、そういうことです。

 

そしてかなえた後、

憧れの曲はショパンのノクターンや

ベートーヴェンの月光に代わっていくかもしれません。

 

憧れの曲を持ち続け、

続けていればいずれは弾けるという喜びを

味合わせてあげたいと思います。