話しやすい雰囲気を作る

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

大人の生徒さんに多いのですが、

遠慮がちに、相談というかお話をされることがあります。

 

先生、今忙しくてあまり練習する時間がなくて。

先生にご迷惑かけてすみません

 

そんな、迷惑なんてことないですよ。

私自身もレッスンに通っていますが、

先生は、社会人は集中できる機会が少ないから、

レッスンに来て1時間、みっちり集中して弾くつもりでいいんですよ、といわれてますよ

 

でも、毎週来ていると、練習できずに来ていることが多くなりそうで・・・

悩み相談

 

???

 

レッスン回数を減らしたいのかな?

 

もしかして、レッスンがつらいですか?

…そうですね、実は体力的にきつくて

 

きついときは遠慮なくいってくださいね、休んでも大丈夫ですし。

落ち着くまで回数を減らすという方法もありますよ

 

ありがとうございます。少し考えてみます。

 

こんな風に、話を引き出してあげるように心がけています。

常に人に合わせてしまうタイプの人は

いいたいことの10分の1くらいしか言ってきません。

 

ということは、何かを言ってきたときは、かなり勇気を出していってきたということ。

しっかり受け入れて、

改善策をいろいろと提案してあげたいと思います。

 

遠慮がちなタイプには‥。

 

・話しやすい環境を作る にこにこしている、少し雑談タイムも

・話しにくいことは助け舟を出す

・話は誠実に受け止めて対応

・こちらの対応をいくつか決めておく