発表会、やだ~?!

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

ゆめピアノでは、サマーコンサート(発表会)は全員参加です。

 

今の教室を開いてから、多分3回位発表会をやった頃でしょうか。

どうしても発表会に出られない事情の生徒が出てきました。

やむを得ない事情だったので、仕方なく、不参加。

ピアノ

 

すると、その前年まで(毎年発表会にでていたとき)よりも、本人の中に「成長の手応えが感じられない」という気持ちが生まれてきました。

 

「今年はもう絶対に、出たい!」

と、強い意思を見せてくれたその生徒さんは、その年の演奏が素晴らしいものとなりました。

 

 

逆に、こちらから声をかけ、「原則必須」と言い続けても、なんだかんだ理由をつけて出なかった人がいました。

 

結果伸びしろはまだあると私からは見えたものの、本人のモチベーションが上がらないまま、退会となりました。(私が退会勧告をした理由もこれでした)

 

秋からレッスンに来ている幼児の生徒さんが、

「はっぴょうかい、やだ~」

「でな~い」

と、ときどき言っているので、付き添いのお母様に理由を尋ねてみると…

「一人でステージに立った経験がないので、なんとなく不安らしい」

そして、お母様からは「出します」と。

 

姉も私の生徒さんで、初出演で連弾を任せてもらえた、という自信や、昨年やりきったという満足感が本人に現れ、よい効果を上げていることをお母様はご存知です。

 

また、「え、ピアノの教室に通うなら、発表会なんて出て当然でしょ!!」なお考えの方なので、話は早い。

ファーストステージの生徒さんなので、選曲はまだ先ですが、本人と相談して、少なくとも

「どきどきしたけど、出てよかった!!」

そんなふうに思ってもらえたらいいな、って思います。