言葉でしっかりと理解できる方法

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

ピアノレッスンで一つの曲なり、練習曲に取り組むとき、

最初はまず楽譜に書いてある通りの音を、

書いてあるリズム通りに並べる。

 

これは正しく弾ければいいので、間違いを直せばいい。

生徒さんも、ああこれはちがったなとすぐにわかります。

ここで指番号もチェック。

 

次は弾き方ですが、

言葉でいうと抽象的なことも多いです。

 

もっとゆったり、とか、軽く、

かわいく、やさしく・・・。

 

音が乱暴になっているときに、やさしく弾いてね、はほぼ100%

理解してくれます。

実践もできます。

 

 

 

イメージ

「意味が分からない」

といわれてしまうことがあるのは、

 

ほわーんと

ぴっぴっと(鋭く)

ずっしり 

 

などという時。

 

 

もちろん、実際に弾いて見せて、

あとは言葉をいろいろ言いかえる。

 

ほわーんというのは、音量は強すぎず、

指の力も入れすぎず、

勢いはもう少し弱め。

 

わかるかな?

 

相手が理解できたか確かめながら。

 

 

あとは、

 

ここは、ほわーんとした感じと思うんだけど、

〇〇ちゃんは、どんな感じだと思う?

 

と、自分で考えてもらったり。

 

 

言語感覚が強く働く生徒さんなら、

実践する中で物事を関連付けるという強みを持っています。

 

まずは弾いてみて、

それに対する自分の考えを照らし合わせると

強みを生かして成長が期待できるでしょう。

 

説明の仕方を変えてみる

 

大切なのは、私たち指導者にとってわかりやすい説明でなく

生徒さんが納得して、受け入れやすい説明。

もちろん、それぞれの生徒さんで違います。

 

説明の仕方をちょっと変えただけで

ぐんと前に進めます。