てきぱきしているけど雑な子 レッスンの方法

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

なおちゃん(小1)は要領がよく、何でもテキパキこなせる子。

外部の教室でレッスンしています。

 

性格はさっぱり、ちょっと早口。

ピアノレッスンでは譜読みが得意で気持ちの切り替えが早く、

要領よくぱっぱとこなすので、教材もどんどん進みます。

 

ただ、少し落ち着きがないところも。

弾いている間に気が散ったり、集中が途切れたりすることがあります。

やる気スイッチ

雑なところがあるのです。

 

宿題で新しい曲に入ると、譜読みしてある程度まですぐに弾けます。

でも、うっかりミスが多く、正確に弾きこなすところまで行きません。

 

作戦を立てました。

 

譜読みが速いから、どんどん伸ばす。

初見もレッスンで取り組んでみよう。

 

こういうレッスンをすると、なおちゃんも気分がよく、

自己肯定感も高まります。

 

そこですかさず、苦手なところ底上げを。

・こっちがこんなにできているんだから、苦手な部分もきっとできるよ

・こんなにできるんだから、苦手な部分もできないともったいないよね

 

強みが弱みを引っ張るのです。

 

なおちゃんの、どんどん進みたい気持ちは尊重しつつ、

丁寧に仕上げることの大切さにも気づいてくれたらいいですね。

 

 

・のせて、強みをどんどん伸ばす

・弱みは、気長に補強する

・雑な演奏にいちいち怒らない(レッスン中ずっと怒っていることに…)

・単調なことばかりさせない

・方針を決めて、ぐらつかない

 

 

こんな作戦を立てました。

しばらくやってみると、成果がわかると思います。

 

なおちゃんの教室は5月が発表会。

丁寧に仕上げる絶好のチャンスですね。