やりたがるんだけど・・自分で練習を約束

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

美月ちゃん(小2)は元気な生徒さん。

ピアノレッスンにも慣れて、お母さんの付き添いもなくなりました。

意欲的といっていいと思います。

次の宿題を決めるときも

 

「じゃあ、ここまでやってきてね」というと

 

「ううん、つぎのぺーじまで」といいます。

 

だいじょうぶかあなあ、それじゃあ、

練習なんだけど、じょうずにひけるためにどうしたらいいかな、と聞くと、

 

毎日10回ずつ弾いてくる!

 

 

ところが  練習できたのははじめの1日だけ。

「あらー、みづきちゃん、この前毎日10かいっていってたよねー」

「あ~、わすれちゃった」

 

・・・・・・まったくしょげる様子もなし。

 

さて、どうするか。

 

 

美月ちゃんは 良くも悪くもお調子者。

ほめられるのが大好きで、やる気が特に行動に直結するタイプです。

 

もちろん、いつもほめてばかりでは、やるやるといっていつまでもやらないとなってしまいます。

 

「1日目は、約束通りできたんだね、すごいね」

 

うん!

 

「この調子で、今週はどうしようか?」

 

「今週こそ、毎日10回練習してくる」

 

「楽しみにしてるね、うまくくいくのに、何かいい方法はあるかな」

 

「時間を決める。学童から帰って、6時から」

 

ちょっとした行動を認めてほめてあげる。

行動に対してこまめにほめることで、もっとやる気が出て、次の行動につながります。

 

美月ちゃん、今週は毎日練習できるか

楽しみですね。