コントロールせず自分で選択しよう

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

ことちゃん(小2)はしっかり者。

ピアノレッスン歴は3年で、自分の意見をきちんと持っています。

普段はピアノの練習も決められたことをきちんとしてきます。

最近時々、きになる態度が見られるように。

 

レッスンで、手首をさげないで、といって手首に触ろうとすると、手をぱっと振り払ったり

手首をわざと下げたままにしたり。

 

そこをもっとゆっくり弾いて」というと、速く弾いたりします。

 

指使い直そうね、といっても直しません。

無言の自己主張を感じます。

いかにも、私怒ってますというそぶりで、雑に弾きます。

そういえば、家でもお母さんとぶつかってしまうことがあるそうです。

 

 

少し考えて、こんな風に。

私 「このまま弾くと、音が切れたり早く弾けなかったりするよ、どうする?」

こと 「だってこのほうがひきやすいんだもん」

私 「そっかあ ひきやすいんだ

  これは先生の場合だけど 間違った指のママで楽だからって弾いていたんだ。

  でも、音が切れたり早く弾けなくて、結局直すことになったんだよ。

  せっかく練習したのに」

こと「。。ちらり」

 

私「でも、どうするかきめるのはことちゃんだよ。どうしたい?」

 

最終的にはことちゃんに決めてもらいます。

 

失敗を糧にして成長

 

正しいほうを選べばそれでよし、間違ったまま失敗しても、次の時に

正しい選択をするステップになればいいかなと思います。

 

ことちゃんみたいな生徒さんは、

失敗を糧にして一番成長できるタイプです。