腕の重さを利用する 脱力がポイント

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

お漬物を作るのに、一生懸命漬物石を持ち上げていたら

いつまでたっても漬物はできません。

漬物石

ピアノを弾くときも、腕の重さを上手に鍵盤にのせなくては。

それが、脱力が必要な理由です。

 

脱力していれば、3キロの腕なら3キロの重さがそのままピアノにつたわります。

力が入っていると、3キロの腕でも1キロ分の重さしか使えないことも。

 

残りの2キロ分は、わざわざ自分で持ち上げていることになります。

脱力ができていないとピアノがあまり響かないし、疲れてしまいます。

 

難しい曲を弾きたい、と目先のことにとらわれて

脱力を忘れていると、肝心の音がよくない結果になります。

 

腕の重さを利用して弾く

 

人の腕の重さは3キロから5キロ。

この重さを利用して いい音でピアノを弾きましょう

 

力を抜いてたって、腕をさげている、

この時が脱力ができています。

 

そのまま鍵盤にのせて弾ければ、3キロの腕で、3キロ分の重さが

利用できます。

 

体格のいいピアニストは、それだけで有利ということですね。

華奢な人は脱力して、加速度をつけて弾く方法をマスターすれば、

体格の差をカバーできます。

 

 

大学時代の先生の家にレッスンに行ったとき、

10歳くらい上の卒業生がレッスンを受けていました。

 

結婚なさっているらしく指輪をつけていますが、

薬指でなく小指。

 

 

太ってしまったんですね。

 

先生は、

 

すごくいい音になった。あなた、痩せないほうがいいわよ・。

とおっしゃっていました。