日本の浮世絵とドビュッシー

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

ドビュッシーは日本人にもとても人気があります。

アラベスクや亜麻色の髪の乙女が有名ですね。

ドビュッシー

1862年にパリ近郊に生まれ、20世紀初頭にフランスで起こった印象主義の渦中にいました。

 

印象派の人たちが影響を受けたのが日本の浮世絵です。

ドビュッシーの作品 海 の初演の楽譜の表紙は

葛飾北斎の木版画 神奈川沖浪裏 が印刷されていたそうです。

 

今はサーファーにも人気の湘南の海を

ドビュッシーはどのような気持ちで眺めたのでしょうか。

 

ドビュッシーといえば、私はあまり演奏するのが得意でなく、

生徒さんが弾きたいというので慌てて練習したものもあります。

 

以前、サンマルクカフェでピアニストを募集しており、

受けに行きました。

 

その時の演奏試験の曲が、ドビュッシーのアラベスク。

 

 

審査をする店長さんの注文は

 

静かに小さい音で。

 

 

レストランですから、飲食するお客さんたちの会話の邪魔になってはいけない。

 

それでも、小さい音ながらもすてきに

生演奏ならではの音にしなければ。

 

 

苦肉の策で、🎹の左側のペダル、ソフトペダルを

ずっと踏みっぱなしで弾きました。

 

あんなに肩に力の入ったのは、珍しかったです。

 

そのかいあって合格し、しばらくの間

千葉のサンマルクで、お誕生日や結婚記念日のお祝いや、

食事のBGM演奏を務めました。