モーツアルト、ハイドン、ベートーヴェン 誰が年上でしょう?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

モーツアルト、ハイドン、ベートーヴェンでは、ハイドンが一番年上。

古典派の基本を作った一人で、『パパハイドン』と呼ばれ、尊敬されています。

 

ハイドンの有名な曲の一つに 

交響曲小品曲94「驚愕」があります。

 

ド、ド、ミ、ミ、ソ、ソ、ミーではじまる びっくりシンフォニーです。

 

音楽界の最中にうとうとしてしまう宮廷の人たちを

巧みな音の使い方で目を覚まさせようとしたといわれています。

 

このハイドンを尊敬していたのがモーツアルト。

35年という短い生涯の間に、美しい曲を山ほど書いたのはよく知られるところ。

モーツアルト

「モ-ツアルト」という映画も人気があり、親しまれています。

トルコ行進曲は子供もよくレッスンしますね。

 

 

 

モーツアルトより14歳年下なのがベートーヴェン。

彼は、モーツアルト作曲のピアノコンチェルトを数多く演奏したそうです。

 

ベートーヴェン

この時代に確立されたコンチェルトは、3つの楽章で構成されています。

主に第1,3楽章に家電つあという部分があります。

 

独奏者が一人で、即興で演奏していました。

今では、のちに演奏されたカデンツアが、楽譜についていることも。

 

楽譜には、

 

即興の最後にこの音を弾いたらオーケストラも入って、

終局に向という決まりがありました。

 

ベートーヴェンはモーツアルトのテーマを使って、

なんと1時間近くカデンツアを弾いてしまったことがあるそうです。

 

そのくせ、ベートーヴェンは自分が作曲したコンチェルトには

「このカデンツア部分はこの通りに弾いて」と、自分で即興部分も作曲。

ほかの人に即興演奏をさせなかったそうです。

(これでは、カデンツアといわないですよね)

 

それほど、自分のイメージを大切にしてほしかったのでしょう。