間違えないで弾くのが目標?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

ピアノを弾く多くの人は、間違えないで弾きたい、と思っています。

もちろん間違えないほうがいい。

 

でも、間違えない、ことを目標にするのは なんだか変ですよね。

そういう人は、演奏した後、間違えないでよかった、とか次は間違えないように、

と思っています。

 

人前で演奏して間違えても、弾き直したくなってしまいます。

 

さらに、ほかの人の演奏を聴いていても、

ミスの数ばかり気になったり・・

なんだかつまらないですね。

耳

 

客席で聴いているとき、

本来少々のミスはあまり気になりません。

 

普通のピアノア愛好家が演奏するのに、

無傷でないといけない、ということはないと思います。

 

それよりも 弾く人が音楽を楽しんでいるか、

曲を気に入っているか、

そのほうが、ずっと大事なんです。

 

 

これから人前で演奏するチャンスがあったら

ミスをしても気にしないでお澄まししていましょう。

 

顔や態度に出さなければ

普通のお客さんにはばれません。

 

ミスを直そうとして弾きなおしをした瞬間、

そのミスは誰にでもわかってしまいます。

 

音楽はどんどん流れているので、ストップしてはNGです。

 

上手に切り抜ける練習も必要。

家で練習しているときに、

「本番モード」の時間を作って、ミスをしてもさっと通りすぎる。

 

指がパタッと止まったら、

休符なのよー と堂々と次に進みましょう。

 

どうだ、ばれなかっただろう、とニヤッとして、

演奏を楽しみましょう。

 

 

間違えることが怖くて、発表会に

 

欠席

 

のお返事をしたあなた。

 

 

もったいない。

間違えったって誰も気づきやしないのです。

ぜひ、人前で演奏して、さらなるレベルアップを!!