楽語 は 音楽に色をつけてくれる

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

楽譜の中で使われるいろいろなことはは、ほとんどイタリア語。

17世紀から18世紀に 西洋音楽はイタリア半島あたりを中心に

発達したので、音楽用語=楽語はイタリア語が使われてきました。

 

楽器(楽譜の出版社も)によってはほとんどドイツ語で書かれているものもあるそうです。

楽語辞典で調べても載っていないので、

ドイツ語の辞書で調べるとおっしゃっていました。

 

楽語には、3つのグループがあります。

 

・速度記号 曲の速さ アレグロとかモデラートとか‥

 

・強弱記号 音の大きさ f、p、とか

 

・表情記号 曲想 レッジェーロ軽く、とか

 

パット見ても、どれもアルファベットが並んでいるだけ。

こんな風にして見分けられます。

 

速度記号は楽譜の左上

 

楽譜の左上に速度記号があります。

楽語でなく、♩=60のような数字で書いてあることも。

 

この楽譜だと アレグロモデラート と書いてありますね。

この数字は、1分間にカウントする回数で、

♩=60だと1分間に60回、秒針と同じ速さです。

 

よくレッスンであるのが、ラルゴと書いてあってゆったりした曲なのに

とんでもなく速く演奏する生徒さん。

 

どんな速さの曲なのか、弾く前にわかっていないとこういうことになっちゃいます。

 

表情記号は 速度記号の横、楽譜の途中に

 

どんな気持ちで演奏してほしいか

作曲者が注文したもの。

 

快活に、と書いてあるような曲は、そもそも元気な感じで

快活な気分になるようにできています。

 

強弱記号はfとp の変化形

 

ワークなどをやっていると、強弱記号だけで無数にあるように見えます。

でも、どれもfとpが基本で、「m」メッゾがついて、すこしfだったり

fffのようにたくさん重ねてとても強く のようにあらわしています。

 

 

楽語の有効期限はどこまで

 

例えば mf と書いてあって少し強く弾くのは、

次の強弱記号が出てくるまで。

 

速度記号、表情記号も同じく、次の記号が出てくるまで効き目があります。

 

楽語は、専門の楽語辞典があるので、それで調べることができます