ピアノ上達には 同じテンポを保つ

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

カラオケで、歌が下手な人の特徴は

音程がずれている

テンポがずれている

 

だと思います。

 

テンポがずれている場合、カラオケのメロディと同時に歌が終わらない。

先に歌い終わるか、歌った後にむなしくメロディラインがきこえてくるか。

 

困ったというか幸せというか、歌っている当人はずれていることに気づいていません。

 

ピアノレッスンをしていると、ここまでではなくても似たようなことがあります。

本人は同じテンポで弾いているつもりでも、途中で早くなったり遅くなったり

揺れていて、指摘してもわからないんです。

 

メトロノームと合わせてもらうと、」メトロノーム側がずれていく感じがするそう。

 

テンポというのは音楽の脈。

きちんと刻めるのが大事だし、これができないとアンサンブルでも取っても困る

(困るだけでなく、迷惑かも)

 

テンポ感がある人には、テンポがあっているか判断できますが

テンポ感がない人には、あっているかどうかが判断できません。

 

一定のテンポで演奏する方法

 

テンポ感を磨くには、やはりレッスンを受けて先生に客観的に指導してもらうこと

 

自分でできる方法は、

メトロノームに合わせる(でも難しいです)

テンポが揺れていない演奏と合わせて一緒に弾く

 

 

最近は、ユーチューブに演奏動画がたくさんあるので、

自分の弾きたい曲の演奏も見つかると思います。

 

 

その場合、ひとりで弾くよりも、音を聴いて合わせるという作業が加わります。

自分のレベルより少しやさしめな曲で試すのがおすすめです。