ピアノ教室は 音楽以外にも期待されている

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

子どもにピアノを習わせよう、というとき

その理由はもちろん、ピアノが弾けるように、楽譜が読めるように、ということでしょう。

 

それ以外にも期待することがあります。

保護者が ピアノレッスンに期待すること

集中力をつけたい落ち着いた子になってほしいとおっしゃる

保護者の方が多いです。

男の子や、活発な子の保護者が特にそういったことを考えるようですね。

 

集中力のなさは幼少期ならでは。

なので、集中することが苦手だから、ピアノで矯正していく、という

形にならないようにしています。

 

 

情操教育として育心を豊かにしたい、ということも

よく聞かれます。

 

はーと

何かに触れたとき美しさをどれくらい読み取れるか

素晴らしさに感動できる心を持っているかということは

学校での勉強だけでは得られないことです。

 

それこそが人間らしく暖かな感情を持ち

幸せになるためには必要なこと。

 

ピアノを通じてたくさんの音楽に触れて自分でそれを演奏し

さらに人に感動をあたえることができる人間になれたら

 

そう期待している保護者はたくさんいらっしゃいます。

 

私たち指導者はこの期待に応えるべく

常に勉強していくことが必要です。

 

もtもとピアノを弾くことは、自然と感受性を育てつ効果が期待できます。

なので、その子らしさを引き出しながら

小さいうちはまず、ピアノが好き、音楽が好きという気持ちを

育てていきたいものです。

 

 

余談ですが‥。

 

勉強のため、二つのセミナーに申し込んでいました。

来週の月曜、金曜に予定されていたのですが、

延期されてしまいました。

 

残念です。