子どもとおとなの 当たり前は違う

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

幼少期の子どもは飽きっぽいのが特徴です。

ピアノのレッスンでは、ちょっと厄介ですがそういうものだと割り切るしかありません。

 

むしろ、そういう子供らしい様子が見えたとき、私は安心します。

落ち着きがあっていつでもいい子は、

もしかしたら大人の顔色を窺ってガマンしているのかもしれません。

ピアノグループレッスン

飽きた 集中しない に罪悪感なし

 

子どもは大人から「落ち着きなさい、集中しなさい」と怒られる意味が分かりません。

だって飽きちゃったもん という気分です。

 

大事なのは、子どもの特徴だからといって 集中できなくていいんだよという

姿勢でいいということではありません。

 

 

成長していく過程の中で 集中力を養う訓練をするかしないかは

あとではっきり差が出る部分です。

 

少しずつ集中することの大切さとその楽しさを伝え

育てていくことが肝心です。

そうしていくうちに、集中力がついてくるきっかけができて、

飽きてしまうまでの時間も長くなるのがわかります。

 

こういうことを自然に鍛えられるのも

ピアノレッスンが子供の成長によい点 といえます。

根気よく 集中力を養う

保護者の方から

うちの子は落ち着きがないけどピアノレッスンができますか

 

というお話を聞きます。

問い合わせの時に、一番に聞かれることも。

 

はじめはみんなそうです。

 

ピアノを通じて、一つのことに集中する大切さを根気よく伝える。

それで、ほんの少しずつ変わっていく これが 

 

 

幼さからの卒業 へつながっていくのです。