保護者が教えるのは逆効果になることがある  サポートに回って

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

お母さまから

「先生がしていた通りにうちでおしえてみましたが、弾けませんでした」

 

といわれたことがあります。

 

先生が、生徒さんのスキルに合わせて指使い、手の使い方を指導しているのに

このお母さんは必要な段階を飛ばして教えてしまいました。

 

その結果、うまく弾けない、となってしまったのです。

 

 

これでは、子どものやる気をひきだすどころではありません。

アドバイスによっては、変な癖がついてしまうかも。

 

 

子どもたちには、それぞれに適したステップがあります。

これは、大人のピアノレスナーも同じですね。

階段

あるときには、上達せず足踏みをしてるようでも、それは必要な段階で

あるときに急成長するものです。

 

保護者は子供を叱ったり教えたりするのではなく、

子どもの様子を見ながら励ましてあげるのが役割です。

 

この曲は、どんな感じに弾きたいの?

ときいてみるのはいかがでしょうか。

 

親子で、曲のイメージについて話し合ったり

どんな部分がうまくいかないかを理解してあげる。

 

すると、こどもたちもピアノに向かうことが

楽しくなってくるでしょう。

 

 

…と、こうして書いてみると、

ピアノのレッスンを続けていくことって、

本当に一筋縄ではいかないものですね。

 

まさに、試行錯誤

やってみてよかったことはどんどん進め

失敗したなと思えば変えてみる、そんなことの繰り返しなのだなあと感じます。