ピアノの練習をしていなくても、レッスンは休まないで という理由

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

練習していないから、レッスンをお休みさせる保護者がいらっしゃいます。

 

子供は、練習していない時はお休みをすれば、先生から怒られないで済む、と考えます。

そこで休むと、逃げることを学んでしまいます。

 

今日はレッスンに行きたくない 

 

とか

 

疲れていていや

 

などという場合も。

 

子どもが練習していないと先生に失礼だ、と

親は考えてしまうかもしれません。

 

そうした気持ちを表すことも、先生に対する態度 を教えることにつながります。

でも、レッスンにはどのような状態で臨んでも

 

練習不足でも

ばっちり練習してあっても

 

必ず勉強になる、得るものがあります。

 

 

練習すればよかったな、と思う気持ちが、自分自身を育てるからです。

こころ

 

真面目な保護者の方は、練習しないでレッスンに行かせるなんて、と思われるかもしれません。

 

でも

 

お休みさせないで、後悔の気持ちを育てることを重視してくださいね。

 

 

先生の中には、「練習していないならレッスンすることがない」と

おっしゃる厳しい先生も。

 

私も「帰りなさい」といわれたことがあります。

 

でも、レッスン受けなくていいよ、と思っているのではありません。

練習の大切さをわかってほしいために

厳しい言葉を使われるのだと思います。