ピアノレッスンも人間関係

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

レッスンしていたら、

急に、自分の好きなように、ピアノを弾き始めた子がいました。

昨年夏に入会したばかりの、初心者の子です。

 

行き当たりばったりで、音を出しているようにも見えますが、

聴いていると、基本、イ短調の調性感の中で音を出していて、

やりたいことが分かる演奏になっていました。

 

ことね

時々、右手の指をパラパラ動かすのは、

きっと、速いフレーズを、弾いているイメージなのでしょう。

 

 

 

「今のかっこよかったから、録音しようと思うんだけど、

もう一回弾ける?」

と、きいてみると、

「弾ける」

ということで、スマートホンを出して、録音をしてみました。

 

 

曲のタイトルをきいてみると、

「ブラックサウンド」、だそうです。

自分のイメージを持って、演奏をしているんですね。

 

大切なことを教えようとしていたレッスンで、

子どもが、自分の好きなように弾き始めた時に、

レッスンの流れに引き戻すことも、大切です。

 

 

でも、その子のやっていることに耳を傾けてみると、

ピアノへの思いや、イメージや、情熱が、

伝わってくることもあります。

 

そして、聴いてもらえた子どもは、

安心感や嬉しさを、感じるのではないか、と。

そのあと、

 

「○○ちゃんは、せっかくこんなに素敵に弾けるんだから、

指の形も、音符を読むことも、がんばろうね。

きっと、もっともっとかっこよく弾けるようになるよ。」

と言ったら、

指の体操も、とても丁寧にやっていました。

 

 

話をきいてもらいたかったら、

話をきいてあげることも大切。

レッスンも、人間関係なのですよね。