短時間でも力をつける 1分間ピアノ練習

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

忙しくて練習できない、という声をよく聞きます。

1分間も取れないでしょうか‥。

 

1分でどれくらいのことができるか試しました。

時計

生徒さんにバイエルのスケール(音階)ヘ長調とニ長調を課題に出したので、「片手ずつ練習」「両手練習」「部分練習」「通し練習」のメニューを考えました。

 

ヘ長調の課題で実際に1分測って練習をしてもらい、

「1分という時間はどう感じられた?」

と尋ねたところ、

「結構たくさん練習できる」

という答えがかえってきました

 

「たかが1分」「されど1分」なのです。

 

 

練習をする習慣がまだ身についていない人、

 

中学生以上の学生や社会人のように、通学・通勤時間が長い、

 

学校や職場に長時間拘束され、帰宅後音を出す時間が限られていたりする場合は、

このようなこまぎれ練習を積み重ねて、積み上げていくことでも効果があります。

 

 

この1分間練習法を、左手・右手・両手とやって、レッスン中に課題を完成させました。

宿題はできたものを定着させるためにやってきてもらいます。

 

 

弾き歌いをやっている保育士さんに聞いたら、「1分だと少し足りない」とのことでした。

そのため、「3分ならできそう」ということで、

帰宅後や、休憩時間など園で練習をさせてもらえる機会があったら

「3分間練習法」をしばらく試してみることになりました。

 

 

短い時間でも、積み重ねることで力がつくことを、生徒さんたちに実感してほしいです。