お母さんがのんびりでよかった

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

3年生のKくんママ。ピアノ経験はありません。
Kくんも在籍歴5年目になり、技術的に大変な時期には入ってきましたが、音楽性はとても伸びてきました。

男の子ですが、叩きつけるような音は出しません。

 


今年はバロックをしっかり弾きましたが、マイカパルやカバレフスキーのようなロシア物、叙情的な作品も得意です。

 

鉄道好きでのんびり、おおらかなKくん、でもやっぱりママが口出しをすると

「うるさい」

「もうおわり」

ということはあるようで。

今のKくんの演奏があるのは、ママがのんびり、Kくんを急かさなかったこと。
パパも最初は「え、ピアノ?!」と驚かれたようですが、いつも発表会にいらしてくださり、応援してくださっています。

続けてこそ花開く。

 発表会でも、「落ち着いた演奏」コンクールの講評も「音がきれい」と書いていただけていますが、Kくんも5年目でやっとここまで。まだまだ先があります。

だからこそ「最低、5年は続けることを目標にしてください」と、伝えたいんです。

 そして。

Kくんママもおっしゃっていましたが、「子どもは親の思うようにはならない」

頭ではわかっていても、内心「もっとどうにかならないかな」と思ってしまうことは私にもありますし、Kくんママにもきっとあると思います。

 

親は見守り、応援し続けていくしかできません。導いていくのは、親の仕事ではないんです。

 それは、私たち指導者に任せてほしいところです。