練習しない生徒さんのピアノレッスン どうするの?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

私たちピアノ教師の勉強会で、最近よくあるテーマが

「練習してこない生徒さんのレッスン、教材をどうするか」
というテーマです。

ため息
私個人の意見としては、練習してこないならゆめピアノに来てくれなくていい
本当は、ピアノを習わなくていいんじゃないかな、と思っています。

 

例えば、小さいころから習っていて、中学生になって、とか中学受験で
練習ができなくなった、というなら、分かります。

 

そういう生徒さんには、教材を減らして、曲を選んで
レッスン中に両手で弾けるようにして帰宅させています。

 

 

 

そうではなくて、初めから練習しない。
おうちの人もフォローできない。

そういう場合の先生の悩みです。

 

 

ゆめピアノでは、体験レッスン時に

ピアノは毎日の練習が欠かせません。

 

最初の1年は、おうちの方が一緒について 見守ってほしい

とお願いします。

それができない場合はほかの教室を選ばれるので、
最初から練習しない、できないという問題は起きません。

 

 

レッスンを始めたけれど、
お母さんが出産で余裕がなくなり、
練習につきあえなくなった、というのはよくあることです。

 

 

こういう場合は進度を落とします。
ゆっくりゆっくり、レッスン中に、生徒さん自身に練習の仕方を覚えて
もらいます。

 

 

あとは、🎹の時間だよ、という声かけは、なるべくしてもらう。
それもできない場合は、アラームをかけて 練習の合図にしてもらう。

 

 

 

練習したくない生徒さんの場合は、
なぜなのか

 

疲れて眠いのか
周りに兄弟が遊んでいて誘惑されるのか
単に、じっとしているのが嫌いなのか

 

原因を探ります。

 

 

眠い場合は練習の時間帯を検討
兄弟には、練習の時間を伝えて、15分だけでも協力してもらう
じっとしていられないなら、タイマーをかけて最初は1分でも
ピアノの前に座ってもらう

 

 

根気よく続けるのが一番です。

 

 

1歳、2歳の兄弟たちでも、
毎日毎日「これからお姉ちゃんは、練習だから、時計がここに来るまで静かにしようね」といわれていれば
だんだん理解します。

おわったら練習したお姉ちゃんお姉ちゃんも、協力した兄弟たちも
よく頑張ったね、とほめてくださいね。