忙しい時にも ピアノの時間を作って

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

4か月ぶりで、橋本さんのレッスンをしました。

ホテルに勤務していて、このところの状況で大変だったそうです。

 

 

久石譲 命の名前

 

橋本さんのすごいところは、レッスン間隔があいてもしっかり練習していること。

普段も、月1回くらいのレッスンですが、3曲は練習してきます

 

1日1時間は練習しているそうなので、30代の社会人としてはすごく頑張っていると思います。

 

よく、暇ができたら練習する、という人がいますが、

そうはいかないだろうと思っています。

 

年齢を重ねると、体力も落ちる。

自分で感じるのは集中力です。

 

特に新曲は ♪を読んで人るずつ音にする作業で、

ほかの楽器に比べて、複数音がある分だけピアノは骨が折れるのです。

 

 

集中力が必要ですが、年齢とともに落ちていきます。

 

20代、30代は仕事も忙しく、

子育てしている人はピアノどころか、毎日のお風呂さえゆっくりは入れないかもしれません。

 

それでも、子供が寝てから、なんとか時間を作って練習する。

そういう時期を経て、時間が本当にできたときにじっくり練習できるのだと思います。

 

橋本さんは仕事が肉体労働で、1日終わるとへとへとでしょう。

それでも、毎日練習しているんですね。

 

(そもそも、ギターを弾いていて、役立てたくて始めたピアノだったはず。

 ギターの練習はできているのかな?)

 

この日のレッスンは 橋本さんがベートーヴェンの悲愴、

次の友美さんが ドボルザークのスラブ舞曲でした。

 

なんか、ピアノの先生になった気分でした。