ピアノの音が出ない理由

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

ピアノ歴1年のS君のレッスンノートに

歌えるし、リズムうちもできるのに

音が出ないことがある

 

とお母さんの記載

レッスンノート

 

確かに、見ていると歌も歌えて、リズム打ちもできますが、連続で同じ音を弾く時に音が半分鳴っていない時があります。気になるだろうなと思いました。

このご家庭は練習はアップライトピアノなので、鍵盤が重くてというのはあまりないと感じました。
思い当たることとしては…。

おそらく、鍵盤が上がる前に次の動きをしてしまうので、音が出てこないのではないか、と、見ていて感じました。

打鍵のコントロール、指の独立というのは、ピアノを弾くために大切なことです。

しかし、幼児の場合は発達の個人差などもあり、まだこのあたりが不完全であることが多いです。

 

幼児でなくても、1本ずつ指を動かすことって日常生活ではなかなかありませんね。

ですから、「ピアノ未経験の保育科志望の高校生」の子が、「ちゅうりっぷ」「きらきらぼし」「むすんでひらいて」などの曲を弾くのが、案外難しいのも理由は同じです。

例に挙げた曲の共通点は「同じ音を続けて弾く部分がある」ことです。

「そういえば、お姉ちゃんもチェルニーに入ったときに、連打で苦労してませんでした?16分音符が増えてきた頃とか。今かなりよくなりましたけどね」

「あ、そういえばそうでしたね!!そうか、そういうことなんですねぇ」

お母様も納得していらっしゃいました。

せっかくピアノを習うなら、知っている曲や好きな曲を「かっこよく」「すてきに」

弾けるようにならなきゃつまらない。

時間もお金も無駄になってしまいます。

 

少しずつできるように、レッスンでも効果的なトレーニング方法を考え、お伝えしています。