主体性を持ってピアノを弾くために

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

ほかの先生のレッスンと比べて、私は「質問が多い」先生かもしれません。

 

例えば、新しい曲を宿題に出すときに、全体を眺めてもらい

 

 

 

「この曲は、何が課題ですか」

 

と、質問することがあります。

 

 

疑問
 

 

練習曲の中には「レガートの練習」「音階の反復練習」などの項目ごとで練習曲をまとめているものまります。

ツェルニーなどでもそうですが、練習ポイントグループでまとめていない場合も結構あります。

 

 

 そのため、生徒がこれから取り組む課題について、

「何が大切なのか、何をやってこなければならないのか、

できていなければならないか」を考えてもらうために、このような質問を投げかけることがあります。

 

 

(毎回ではありませんし、ごく初歩の人、移動してきて慣れていない人にはこのような質問を投げかけないこともあります)

 

 

また、曲などは、題名からイメージを考えさせたり、発想標語や強弱の変化などに注意して見てもらえるように声をかけます。

 

「あなたはこの曲を、どう弾きたいの?」

 

 

そんな質問を、なんと5歳児にすることもあります。

 

 

幼児の方にそんな質問難しすぎる!!と思われるでしょうか?

 

 

 

 

 

私が言いたいのは、ピアノを弾くこと、課題に取り組むことをあくまでも「本人の問題」として考えて欲しいということなのです。

 

 

 

ピアノは、ママやパパの代わりに弾くとか、お姉ちゃんお兄ちゃんの代わりに弾くとか、そういうものではないでしょう。ましてや、先生の代わりに弾くわけでもありません。

 

誰かのために、誰かに聴いてほしくて弾くのだとしても、弾くのは、あなた。

 

その曲を弾くのは、誰?あなただよね。

 

 

そんな風に伝えています。