どんな生徒さんに育てたいですか

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

親しくしている愛知県のピアノの先生が

ブログを終了なさいました。

 

15年続けていて、同じような内容を書くことも多く

インスタグラム、ホームページ、ライン@など管理しているアイテムも多くなって

やりきれなくなってきたと。

 

ふと、自分はどれくらいブログを書いているのか、調べてみました。

 

2013年2月8日  このブログのスタートした日です。

今から8年半前です。

DSC_0347

サマーコンサート(ピアノ発表会)のプログラムを見ると・・

 

2016年まで、シンフォニーヒルズの練習室で。

この年の演目は 24。

この年までは、例えばみさきちゃんがソロ、連弾と2曲続けて演奏していました。

 

出入りの回数を減らすためです。

 

2017年から、会場を亀有リリオに移動。

この年の演目は41。

 

参加者の人数が増えた

ソロと、連弾は別々に演奏するように。

初めて お話組曲を上演しました。

 

 

ここが 大きな変化の年でした。

 

 

2015年からますこしょうこ先生のセミナーに通い、

サマコンの形を練りました。

 

生徒さんの人数も増え始めて、広いホールも確保できたので

アンサンブルを 意識した発表会にシフト。

 

 

生徒さんの数は上限に来ていますが、

それぞれがレベルアップして、45分、60分レッスンの生徒さんが9名。

 

グレードの参加者も増えました。

検定なので、1回受けたら次の級を受けたくなるのです。

 

今年は初めて、Aちゃんがコンペティションに参加。

準本選で奨励賞をいただきました。

 

このブログを始めた2013年に比べると、

どういう生徒さんを育てたいのか、はっきりしてきました。

 

ピアノが上手になってほしい。

自分が思うように演奏できる生徒さんに。

 

 

そのためには入り口は楽しく。

お話組曲で発表会デビューして、

人前で弾くのは怖くないんだと感じてほしい。

 

続けて練習していたら、できなかった難しい曲も

いつかはひけることを経験してほしい。

 

そこから先は、

自分の生活の中でピアノをどの場所に置くのか。

 

 

勉強の気分転換?

達成感を得るための趣味?

専門的に勉強?

 

 

どの道を選んでも困らないように、

必要な基礎テクニックはしっかりレッスンしています。

 

途中で嫌にならないように・・という工夫が

私の一番の仕事かもしれませんね。