左手でレガートの練習をするチャンス

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

小5の男子生徒さんのお話。

ご両親の仕事の関係で、サマーコンサートは参加しません。

 

「息子は右腕を骨折してピアノが弾けなくなりました。これからのレッスンについて次回相談させて下さい。」

うわぁ~、何週間?ひょっとして何か月???たいへん~。

お休みする、って言うのかなぁ?

私のアタマに閃いたのは、「<幻想即興曲>の左手をやったら?」ってこと。

それでレッスン日になってそうお話すると、「いや、家でも左手を練習するいい機会を与えられたのかな、って話していたんです。」と言われる。

まぁ、なんて前向きで素敵な発想なんでしょう。

 

アフタータッチの話で彼の関心を引き、

「コンマ何秒の世界だけどゆっくり打鍵するとこんな音、速く下ろせばfの音だよね、わかる?」・・・いつになく素直~に聞いている生徒。

とてもていねいに発音に集中して、スッゴイじゃん?!

 

 

「そう、左手のワルツ・バスの和音はこんなくらいの音で十分。」と、こんどはガチャガチャとふつう~の神経で弾いた左手に右メロディをつけて弾いて聴かせる。

「どう?せっかくのメロディを壊しちゃうよね。」

 

そのあと「幻想即興曲」を弾いてあげると、「え、この曲を僕がやるの?」って心なしか顔赤らめて、かわいぃ~(^^♪

 

「このなかの左手ってこんな感じよ。ふつうに強く弾いてしまうと<幻想>って感じする~?」

「いや、ショパンの即興曲は4曲あって、<幻想>ってタイトルがついてるのはこの曲だけ。あ、でもこれはショパンがつけた訳じゃないんだよね。

それでフォンタナ版のほうが有名になっちゃってるんだけど、そういえば最初の左手のところの音がすでに違う。フォンタナ版はこう、・・・で原典版はこう。どっちが簡単?」

 

「フォンタナ版。」「そうなんだよね、でもショパンが書いたほうとどっちがいい?・・・だよね、簡単だからって書き換えちゃうなんて怪しからん。だから原典版でぜひやろうね。」

 

「こんな左手の音だと、カクカクはっきり現実の音?になっちゃうよね~。

 

レガートで、さっきのワルツバスみたいに繊細なタッチで弾かなきゃね。これから練習していこうね。」って。

 

 

この音バランスの比に、もう彼はダンボの耳!・・・

全体のなかでの、左手の音の美しさに触れた彼。

こうしたことへの気づきは、ありきたりの生活での尋常な神経ではなかなか難しい。

 

けがの功名になりますように。