ブルグミュラー25の練習曲で学ぶ 曲想記号

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

ブルグミュラー25のやさしい練習曲。

やさしいというものの、やさしくない。

ブルグミュラーピアノ楽譜
それまでと違って、グンと大人になり曲想記号がむやみと出てきます。

全部覚えるのよ!とは、言いませんが)曲想記号を理解して作曲家がこのように弾いて欲しい。
の意図を理解するお稽古をしましょう。

 

 

わたしがイタリア語がわかれば、音楽記号としてでなくなんとなく理解できるんでしょうが、

イタリア語なんてアルファベットもわからない。

最初の曲に出てくるdolceこれよく出てきますからね。覚えましょうね。

読みドルチェ、ハーゲンダッツのアイスクリームのことではありません。
ブルグミュラー先生が意図したのはやさしく、柔らかく弾いてね。
ということです。

 

 

ソミレドソミレドをドタバタとならないように、柔らかーく弾いていきましょう。

 

 

2番は超有名なアラベスク、ここで出てくるのはleggiero,読みはレジョーロ軽快に軽やかに。
なので最初のイ短調のⅠの和音Amからして手の形は固めて指の先で捕まえてすぐ放す。
ラシドシラは握ってパッと放すイメージで2拍子をよく意識しましょう。

 

3番dolce cantabileドルチェカンタービレ、ドルチェは1番といっしょ柔らかくやさしく、

カンタービレはのだめカンタービレで有名になりました。
歌うように、8分の6拍子のメロディーを歌うように弾いて左手の和音は丁寧にメロディーぶち壊しにしないように控えめにここでもやさしく弾きましょう。

 

 

4番は特になし、5番graziosoグラツィオーソ優雅に。


7番「清い流れ」シソレシソレの3連符を流れるように弾いて行く練習曲です。
ここの記号mormorendoモルモレンドね。
では意味はね。

 

楽語辞典というのがあるので、それで調べます。

今は、パソコンでもほとんど調べられます。

mormorendoの意味は囁くように。

ピアニッシモだしね。3連符がダダダ、ダダダにならないようにね。指先の細いところで弾いていくようにして、、。
高等技術です。