こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

ピアノ発表会向け人気曲、というのも流行り廃りがあるらしい。

うちの教室だけの現象かもしれないけど、わたしが少女の頃もらってとても嬉しかった曲。

なのに何故か今さっぱり人気がない曲というのがある。

 

そのひとつが「かっこうワルツ」これこそ3拍子の拍動がはっきりした。ボールルームダンスのワルツ!!
それでいてお子様が弾いて楽しい軽やかなメロディー。

 

わたしかっこうという鳥のことはよく知らないのですが、よく知らないながらもカッコー♪゜・*:.。. .。.:*・♪カッコー♪゜・*:.。. .。.:*・♪の鳴き声、綺麗に表現されています。

カッコー

 

いいと思うのですがね。何故かここのところ不評で発表会演奏率0%更新中です。

 

作曲者はヨナーソン。

ヨナーソンさん。どのような方かというとスウェーデン人です。
生年1886年没年1956年。

フルネームはヨハン・エマヌエル・ヨナーソンもちろん作曲家で音楽家です。

ただ、「かっこうワルツ」以外はあんまり知られた曲はないみたいです。

 

同じ、格好という題名でもう少し難しい曲。
ルイ・クローネ・ダカン(1694~1764)の「かっこう」ホ短調バロック時代の作品です。

この曲の16分音符の流れのカゲにカッコーが聞こえるのとても好きなのですが、これまた今のところ希望者はナシ。

少し啓蒙したほうがいいのかしれない。

 

 

もう一つ発表会お薦めカッコー曲は「かっこう鳥の歌」作曲者はウィルヘルム・ポップ (1828-1903)この人、フルート曲のほうがメジャーならしい。

 

わたしが持っている楽譜は大村典子ピアノ・ピースセレクション歳時記A。
ですが、これはもう廃版になっているらしい。

すべて、発表会の選曲で、私が演奏して聞いてもらうのですがあまりピンとこないようです。

 

同じワルツで、スケーターズワルツも人気がない。

もしかしたら、ずんちゃっちゃという左手の音形がダサいのかもしれません。

 

 

…と書き終わろうとして・・。

同じワルツcでも、小犬のワルツは人気あります。

なので、左手の音形が理由じゃないですね。