どんなピアノの生徒を育てたいですか?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

「どんな生徒さんに育てたいですか」

 

ピアノの先生対象のセミナーで良くされる質問です。

 

ゆめピアノは、どんな生徒さんを育てたいのか…。

 

 

変わらないのは、一生ピアノを嫌いにならない生徒さん。

数々のコンクールで賞を取ったり、難曲もスイスイ弾きこなしても

ピアノが嫌いでは仕方ない。

 

 

ピアノに限らず、何かをするには楽しいことばかりじゃありません。

 

例えば、おいしいケーキを作りたい。

そのためには、一つ一つの材料を細かくはかって

手順もきちんと踏まなければ。

 

 

小麦粉100グラム、砂糖大匙2杯・・・・

結構面倒です。

作るだけじゃなくて洗い物もたくさん。

バターや生クリーム、生地がべっとりついたボールや泡だて器

 

料理番組みたいに 助手の人が全部やってくれるならいいけど・・。

 

 

 

こうやって丁寧に作ったケーキ。

それはそれは おいしいでしょう。

 

いろいろな大変や、面倒も乗り越えて作ったんですもの。

 

ピアノもケーキも、完成するまでには困難がつきもの

 

ピアノも同じ。

すてきなショパンの幻想即興曲。

 

アマゾンをぽちっとして楽譜を用意。

さあ、弾きましょう。

 

 

…っていきなり両手でペダル付きで弾けたら、楽しいでしょう。

 

 

でもそうじゃない。

まず、この曲の嬰ハ短調の音階。

・・・♯4つね。

 

右手の16分音符たくさん。

何回も指をくぐって。あーめんどくさい指使い。

 

リズム練習をいっぱいして、さあ右手弾けた。

 

 

左手はアルペジオ。

手を広げて手首も回して、

あー、シャープが落ちちゃった。

 

 

なんてことを繰り返し、やっと両手を合わせると。

 

!!!!

 

右手と左手の音数がわりきれない。

左手3つの音に、右手を4つ合わせなきゃ。

 

こんな風に一つ一つ練習するしかありません。

 

 

 

それでもピアノが嫌いにならないように、

一緒に練習して励まして。

 

やっとやっと、憧れの幻想即興曲が弾けるのです。

 

 

良かったね。頑張った甲斐があったね。

 

 

この達成感と自分への自信

さらに周りの称賛(お家の方もしてあげてくださいね)

 

また次の曲も頑張ろうかな。

大変だけど、ピアノが弾けて良かった。

 

 

 

‥‥と、こんな風になってもらおうと

レッスンしています。

 

人間は欲張りなので、

こんな風にコツコツ努力して、楽しむピアノを応援したい、と思っているけど

時には上級の、受験やコンクール目標のレッスンもしたいな、とも思います。

 

その段階になっても、頑張るあまりピアノを嫌いにならないで。

念じつつ、レッスンしています。