20代 相談相手は親!?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

テレビを見ていて気になる話題がありました。

 

親友について。

 

親友がいないとする高齢者が3割。

これはなんとなく納得できました。

 

友達というのが年代が近いでしょうから、すでに亡くなっている場合もあるでしょう。

経済的にもコンパクトな生活にしていることもあって、交際も少なくなるかもしれません。

 

問題は20代。

友達

まず、親友の定義が…。

 

私の感覚では、友達と親友というのは、

話せる内容や距離感が大きく違う気がします。

 

インタビューに答えた青年は

 

 

 

「親友は50人くらいいます

 

1日じっくり遊んだらそれは親友」

 

 

…小学生みたいな答えでした

 

 

こんな子がいる一方で、相談相手は友達ではなくおや、という20代が30%以上。

これもびっくりです。

 

 

20代の相談事なんて、大半が恋愛か進路な気がしますが、

両方に絡んでいるのが親です。

 

自分が好きな人がいる、

やりたい仕事がある、

 

が、

 

 

親が反対している。

 

 

というのが、典型的なパターンだと思っていました。

 

 

 

 

でも、振り返って考えると私の息子たちも、それぞれ転学、転職しています。

彼らは親には報告だけでしたが・・。

 

友達にも相談はしなかったようです。

 

 

親が相談相手…。

 

 

相談相手になるのかなあ。

生まれた時からパソコン、スマートホンがある20代と、昭和生まれの親。

 

とっても難しいと思うのは私だけでしょうか。