コードネームは機能的

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

この何年か、コードネームを生徒さんに教える事が多くなりました。

コードネームといえば、ギターを弾く方々だったり、ジャズをセッションする方々のモノのように思ったりしていました

私達がピアノの勉強過程で習った、何調の和音度などと云うのより、はるかに機能的でわかりやすいものです。

 

何調の曲を弾こうが、曲の途中で何度転調しようが、コードネームさえわかっていれば、伴奏和音はなんでも良くわかります

 

 

「少し音感教育の進んだ方には、コードネームを使ったり、先ほどの和音度を使ったりして、幅広く音楽を学んで頂いています。

学校の教科書はコードネームが中心ですから、より学習し易いかも知れませんね。けれど、音楽の高校、大学に進むには、和音度は必要ですから、どのような進度にするかは、生徒さんの目的を考えています。

 

コードネームで楽しみは倍に!

音楽やピアノを楽しむ事も大きな喜びですので、ある程度弾ける方は、弾きたい曲を弾くこともお勧めしたいです。

勿論、なんでも良いわけではありません。

その生徒さんが弾ける範囲の曲にはなりますが、編曲も致しますので、ご相談下さい。

コードネームを使っての伴奏にも、チャレンジしていきましょう!

 

最近では、教材研究の山本みめ先生のグループに

なんでも相談出来ますし、色々な生徒さんへの対応も、たくさん勉強できました。

 

まだまだ常に私も勉強ですが、生徒さんの明るい笑顔と、笑い声を楽しみに、レッスンしていきたいと思っています。