ピアノも 最初からアンサンブルを

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

ピアニストの演奏の仕事は、「ソロ(ひとりで)」というイメージが強いです。

レッスンもソロ曲がとても多いですし、勉強しなければならない曲もそう。発表会でもソロ曲が多いです。

 

でも、アンサンブルを経験することで、ソロの演奏にも活かすことができることがたくさんあります。

 

呼吸を合わせること。

 

ほかの人の音を聞くこと。

 

自分の役割を知り、考えること。

 

全体がどう聞こえるか、どうなっているかを知ること。

 

室内楽

 

たとえば右手ちゃんと左手ちゃんが、勝手にやってよ、し~らない!なんて感じの演奏は、なんだかまとまっていないように聞こえるんですね。

ソロは、ワタシが全責任を負わなければならない。

一人何役もやることになる。それが、ピアノです。

アンサンブルは、全責任を負うことはないけれど、一人だけ勝手なことはできない。

 

 

レッスンや発表会で取り入れている「連弾」もアンサンブルの1つです。

生徒さんたちの中にも挑戦してくれた人がいる「劇のうたの伴奏」とか、

「合唱コンクールの伴奏」も、実はアンサンブルの1つなんですよ。

 

ゆめピアノでメイン教材にしているピアノランドシリーズ。

キャッチフレーズは

 

 

最初からアンサンブル

最初から音楽を

 

 

です。

 

まだ「ど」しか登場しない、

どどどどどーなつ の曲。

 

データや先生の伴奏と一緒に演奏します。

 

立派なアンサンブルですね。