ピアノ上達の早道 ゆっくり練習

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

新しい課題をするとき

だれでもはじめは弾けないのでゆっくり練習します。

 

ところが、少し弾けるようになるとゆっくりではなくなります。

 

ほとんどの曲は始めはそんなに難しくありません。

ちょっと弾けるようになると、

最初は簡単なのでそこそこのテンポで弾き始め

ドンドン進んで難しいところにきても

同じ速さで弾こうとするのです。

 

もちろん、ひっかかりますが、

ひっかかっても速さを変えようとしない生徒さんが多いです。

メトロノーム

 

 

「まだできないんだから、ゆっくり弾こうね」

とアドバイスしても、なかなかできないのが上手にならない原因です。

 

普通に考えると、「ゆっくり弾くこと」はそんなに難しいことではないと思います。

 

一生懸命練習する子どもの生徒さんにとっては

「ゆっくり弾く」ことが、ピアノ上達のカギとなるのですが

なかなか出来ません。

頭ではわかっているんですね。

簡単なことが、案外むずかしい・・・

曲の課題を出すときに

練習方法も練習メニューも与えて、おうちに帰すようにしています。

 

最初は、何回も繰り返し弾いてくることが大切なので

どれだけやったらいいか、具体的に数を示します。

 

 

あまりたくさんの回数だと、速く弾いてしまおう、と

はや弾きになってはいけないので

1回1回ゆっくり、丁寧に弾くように指導しています。

 

 

「ゆっくり弾けないと、速く弾けないし、最後まで綺麗に弾けない」

このことをしっかり身につけてほしいです。

「ゆっくり」はやれば簡単なことですが、

実行するには案外難しい、地道なことなんですね。