小さい子のピアノレッスン時間について

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

小さい子のレッスンについて・・

幼児・小1.2年生の未経験者の入会については、

レッスン終了時間が18時30分時を過ぎる場合はご入会を保留

としています。

葛飾区小学校

保育園の延長保育をめいっぱい利用されているご家庭、

ピアノを習いたい曜日に既に別の習い事が入っていてやむを得ずピアノを同じ日に、と考えているご家庭にはかなり厳しい方針かもしれません。

 

理由をお話します。

ピアノに集中するため、小さい子は早めのレッスン時間で

 

ピアノレッスンで大切にしているのは「音を聴く」ということです。

 

音を聴くことや、

レッスンでの先生のお話を聞いて活動をすることは、

集中力が落ちていると難しいです。

 

特に幼児や低学年は、疲れたりおなかがすいたり喉が渇いているという状況が一番出てくるのが午後6時頃からです。

 

半分船をこいでいるような状態を見ると、気の毒になります。

それでも、話を聞いていなければ活動ができませんので、注意を促す必要が出てきます。

きついのです。

 

結局翌週も同じ話から始めなければならないことになります。

また、実は、

 

「送迎に疲れてやめる」

 

というケース、ときどきあります。

 

 

兆候は見えていて、こちらも気にかけています。

でも、保護者様がいっぱいいっぱいでこちらの助けを拒否されてしまうことも実際はあり、お話を聞いていただけない・・・そんな経験もしてきました。

 

いずれも、「せっかくピアノを始めても・・・」ということになりかねない事例です。

 

学年が上がってきて、レッスンに通うのに慣れてきてからの時間移動はそれほどの問題ではありません。

また、教室移動のケースで、「以前もグループの時間が終わるのが同じくらいだったので」というような場合は、慣れているので大丈夫、ということもあります。

 

終了時間制限をしているのは、お子様が疲れずレッスンに集中するため

送迎の保護者様にも苦痛をためていただかないため

なのです。

 

ピアノレッスンは継続性があるものなので、

何よりまず続ける、ということを考えていただきたいため、このようにしています。